「BLOOM」の広告表現について

新製品「BLOOM by Young Living」スキンケアラインは、肌のブライトケアという特徴を持ち、肌表面のきめを整えてなめらかにし、スキントーンを明るく均一に、そして、透明感を引き出してくれる製品です。特に、年齢を重ねることに起因する肌のくすみや、スキントーンの気になる方にお薦めします。

会員の皆様が、BLOOM by Young Livingの効能効果をお客様に紹介したり、宣伝広告したりする際は、薬機法に基づく56項目の化粧品効能効果の範囲内に制限されます。なぜ、この56項目に限定されるかというと、化粧品は本来そのほとんどが「薬理作用によってその効能効果が認められたもの」ではないからです。薬理作用による効能効果を広告したい、効果を認めて欲しい場合には、「化粧品」ではなく、承認が必要な医薬部外品である「薬用化粧品」で関係省庁へあらかじめ申請する必要があります。

今月はBLOOMをお客様に紹介する際に話題になりそうな、「ブライトケア」とブライトケアに関連する「肌のくすみ」、「年齢からくる肌のお手入れ(エイジングケア)」について、56項目の化粧品効能効果と化粧品工業連合会の広告ガイドラインに基づき「言っていいこと」と「言ってはならないこと」をお話します。

1.「ブライトケア」について

年齢(エイジング)や、日焼けなど内的および外的影響による肌トーンの乱れをお手入れによって明るく透明感あふれる元の状態に導くことを意味する「ブライトケア」は、肌本来の色そのものを変化させる旨の表現ができません。「ブライトニング」は肌の色を変える意味がありますので用語として使用できません。

「認められる表現の例」

・「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」は「日焼けによる」(縛り)を追加しているので表現できます。
・メークアップ効果である旨が明確であれば、「塗ればほんのり白く見える/シミ・そばかすをきれいに隠しお肌を明るく見せてくれる/お肌のシミをきれいに隠してくれる」は表現できます。

「認められない表現の例」

・「シミを薄くする」/「シミを目立たなくする」
・「黒い肌も徐々に白くする/ニキビ痕、炎症痕の黒ずみに/頑固なシミ、老人性斑点を白く」
・「シミ・そばかすを防ぐ」
・「メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ」

2.「くすみ」の表現について

くすんで見える要因を以下のように明確にし、化粧品の効能効果の範囲を逸脱しない「くすみ」表現は可能です。①‥汚れの蓄積によるもの ②‥乾燥によるもの ③‥古い角質層によるもの、です。

「認められる表現の例」

「乾燥などにより肌の明度が一時的に低下し暗く見える状態 /乾燥によってくすんでみえる肌にうるおいを与え明るい印象へ導く/くすみのもとになる古い角質層による汚れを洗い流す」といった表現が許されます。

「認められない表現の例」

「くすみを予防できるかのような表現 /内的要因や肌色変化によるくすみ表現 /シミ・ソバカスを防ぐことによるくすみ表現」はできません。

3.「エイジングケア」の表現について

だれもが生きている限り、年を重ねること(加齢)は自然の摂理です。エイジングケアとは、加齢によって経年変化した肌状態に応じて、化粧品に認められた効能効果の範囲内で行う年齢に応じた化粧品等によるお手入れ(ケア)のこととされています。

「認められる表現の例」

「年を重ねた肌にうるおいを与えるエイジングケア/年を重ねた肌にうるおいを与える成分○○を配合したエイジングケア/年を重ねた貴方の肌に今必要なもの、それはすこやかな肌のためのうるおいエイジングケア/美しく齢を重ねるために大切なこと、それはうるおいに満ちた肌のエイジングケア」の表現は許されます。

「認められない表現の例」

「エイジングケア」を標ぼうしながら若返り、老化防止等の化粧品の効能効果の範囲を逸脱した以下の「エイジングケア」を用いた表現はできません。

a) 若返り効果に関する表現

「あきらめないで下さい。エイジングケアで若さは再び戻ります/若々しい素肌がよみがえるエイジングケア/小じわ、深いしわ、時間が戻るエイジングケア/老化を招く原因のひとつ、活性酸素を取り除いて、若々しい素肌へ導くエイジングケア 」など。

b) 加齢による老化防止効果に関する表現

「肌の老化を防ぐエイジングケア/エイジングケアで加齢に待った/肌の老化対策エイジングケアとして開発された 」など。

c)配合成分の説明で老化防止を標ぼうした表現

「肌の老化と戦う抗酸化成分○○を配合、○○エイジングケア/肌の老化防止に役立ち、特にコラーゲンの生成能力を高める○○○成分によるエイジングケア/シワの生成原因となるたんぱく質の量をコントロールするエイジングケア有効成分○○」など。

d)肌質改善し、老化防止を標ぼうする表現

「エイジングケアで衰えに負けない肌をつくる/エイジングケアでシワを消すと同時に、シワのでき難い肌にする相乗効果/素肌の力を若返らせて、肌の老化を防ぐエイジングケア」など。

4. 関連表現について

化粧品は角質層までの作用が認められていますが、体内に浸透して「血行を促進する」とか「新陳代謝を活性化する」といった表現はできません。

最後に

消費者にとっては、もはや年齢を問わず、美容、とくに肌の美しさや日頃のお手入れのトピックは興味や関心が非常に高く、またその分、潜在的なニーズが大きい分野です。ヤング・リヴィング研究所では、お客様のご要望やご期待に応えるべく、日々製品の研究と開発を続けています。
世界中のあらゆる女性の肌を研究し開発された新製品「BLOOM」の効能や効果に関しても、製品の宣伝広告における表現は、法令に基づき制限されます。ヤング・リヴィング社は製品の優れた品質や特長を、法の許す範囲において、可能な限り最大限表現するために創意工夫を尽くしています。

「BLOOM」製品の効能効果に関して「言っていいこと」と「言ってはならないこと」の区別を難しいと思ったり、疑問や不安を感じられたときは、すぐに会社に相談するか、もしくは会社資料を参照することをお薦めします.


引用資料
化粧品効能効果56項目※
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/smph/kenkou/iyaku/koukokukisei/kijun/konokoka.html

化粧品工業連合会2020年度化粧品広告ガイドライン※
https://www.jcia.org/user/common/download/business/advertising/JCIA20200615_ADguide.pdf