Young Living Seed to Seal®


常識を超越したスタンダード

ソーシング Sourcing

サイエンス Science

スタンダード Standards

たった一滴のエッセンシャルオイルが秘めた人生をより豊かなものへと導く可能性について、世界中何百万もの人々がすでに気付いています。ヤング・リヴィングは独自に打ち立てた厳格なスタンダードを厳守することで、人々の暮らしに変化を起こすサポートを可能にしています。事実、創業から20年以上にわたりそれを実現し続けてきました。当社では、会員の皆さまに長く製品をご愛用いただけるよう、妥協のないスタンダードを設けているのです。また、自社の高品質なエッセンシャルオイルを配合した幅広い製品群を提供できることにも強い誇りを感じています。一切の妥協を許さず、植物の恩恵をありのままお届けすることを可能にしているスタンダードこそが、「Seed to Seal®」と呼ばれる当社独自のプロセスです。

品質管理など一連のステップに厳格な基準を設けた「Seed to Seal」は、長きにわたり会員の皆さまに受け入れられてきました。「Seed to Seal」を定めた目的は、グローバル企業として23年に及ぶ革新が生み出した全てのメリットを、サプリメントやスキンケア製品など、日常生活で使用する多くの製品に配合し、世界中のご家庭へと着実にお届けすることにあります。一滴のエッセンシャルオイル、そのオイルが配合された全ての製品一つひとつがヤング・リヴィングの提唱するソーシング、サイエンス、スタンダードによって裏付けられています。

ソーシング、サイエンス、スタンダードには、暮らしに良い変化をもたらす革新的な製品をご提供するための具体的なステップが含まれています。内容はとても厳しいものですが、優れたプロセスがなければ良い製品は生まれないことをヤング・リヴィングは熟知しています。そこで当社では、業界の水準をはるかに超えた品質保証プロセスを用いるよう努めているのです。

ソーシング

合成物質や汚染物質、劣悪なフィルターや非倫理的な製造工程等は、ご家庭で使用する製品に当てはまってはならないものです。ヤング・リヴィングでは、Executive Vice President of Operationsであるローレン・ウォーカーによって原料調達の全プロセスを監督、慎重なサプライヤー選びを通じて、製品を厳しく検査しています。その結果、当社のスタンダードを満たさないことが判明した場合は購入を取りやめるか、その生産ロットの受け入れを拒否します。
パートナーシップの原則
原料調達は、自社農場、契約農場および「Seed to Seal」の認証を受けたサプライヤーから行っています。いわば、地元コミュニティや生態系に配慮した調達を心がけています。自然を敬い共存に努めてきたヤング・リヴィングと似通った考えを持つサプライヤーを調査、厳選するために、「良好な関係の構築」「『Seed to Seal』の厳守」「クオリティー維持を確約」「厳格な検査」「厳格さの堅持」という5つの原則を設けています。
配合と製造
高品質なエッセンシャルオイルには、その価値にふさわしい施設や配合が必要です。広大な敷地を有する最先端施設のユタ州スパニッシュ・フォーク、ディストリビューション・センターでは、優れた技術によって成分や製品を検査し、皆さまに末永くご愛用いただけるよう革新的な取り組みを行っています。
サードパーティによる検証
パートナーシップとの信頼を大切にするとともに検証も怠りません。低品質な成分や原則にそぐわない方法で調達された成分が製品に紛れ込むのを防ぐため、社内とサードパーティーのアクセスを徹底的に調査するシステムを用いてサプライチェーンを監視しています。

ソーシング・スタンダード

ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイル・ソーシング・スタンダードは、エッセンシャルオイルの品質を高い水準で維持すると同時に、様々な工程で関わる全てのサプライチェーンにおいて責任ある製造と加工を行うよう促します。

ヤング・リヴィングは、環境保護分野、そして貴重な植物原料を持続可能な方法で調達するための認証、監査、試験、スタンダード開発のリーダーであるSCSグローバル・サービス(SCS Global Services)と協力し、ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイル・ソーシング・スタンダードを開発しました。

サプライチェーン

ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイル・ソーシング・スタンダードは、農場やワイルドクラフティング、加工施設(蒸留所)、自社で保有する施設を含め、ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイル・サプライチェーンの全段階で適用されます。またヤング・リヴィングの自社農場、パートナー農場、「Seed to Seal」の認証を受けたサプライヤーにも適用されます。

ソーシング・スタンダードの詳細

ヤング・リヴィングおよびすべてのパートナーは、以下の分野で最高のスタンダードを満たさなければなりません。

● 真正性の証明

● 農作業

● 収穫と回収

● 抽出・蒸留の作業

● 検査

● トレーサビリティ

● 貯蔵とボトリング

サイエンス

ヤング・リヴィングは、科学的な視点からも厳格で妥協のない独自の品質基準を満たすエッセンシャルオイル、製品、成分にこだわります。植物本来の良さを十分に引き出し、自社スタンダードをも満たす製造方法には多額のコストがかかるうえ、革新的な製品の開発には時間もかかります。にもかかわらず我々がその工程を続けてこられた理由。それは皆さんが自社スタンダードにかなった安心してお使いいただける製品を希望し、デメリットを受け入れてくださっているからです。
業界をリードする研究
自社製品の品質を支えているのは言うまでもなくファームですが、それを実証してくれるのは、最高科学責任者であるDr. マイク・ブーク率いるラボでの研究です。ブークのチームは合算で180年もの経験を持ち、最先端のラボで先進的な検査プロセスを用い、低品質な製品を見逃さないよう努めています。
サードパーティーによる検査
製品の検査は、社内で全てを行っているわけではありません。必要に応じて、計300年を超える歴史を持った2つの独立ラボの協力を仰ぎながら製品サンプルの検査を行っています。いずれも世評が高く優秀な化学アナリストを雇用しています。
I革新的な製品開発
植物の恵みを一層引き立たせるブレンドには、入手できる限りで最もピュアかつ魅力的な成分を用いています。それと同時に、含まれてはいけない成分にも注意を払っています。我々はこれまでに、有害なものや刺激が強過ぎる添加物を20種類ほど特定してきました。こうした添加物が市販品に含まれることは多々あれども、当社の製造ラインに入ることは許されません。

厳格で妥協のない品質

品質を生み出すのは農場であり、それを実証するのは当社のラボです。当社は厳格で妥協のない品質基準を定めており、ピュアで高品質、且つ植物の恩恵を損なわない状態を見極めることができます。

当社の品質管理チームは、物理的・化学的・微生物学的な検査を複数行うことによって、当社のエッセンシャルオイルの正確な成分と特性を測定しています。品質管理プロセスでは、どの検査も何度となく繰り返されます。検査は農場で始まり、出荷直前の最終段階に至るすべてのプロセスで継続的に行われています。

高度な訓練を受けた高いスキルの科学者を擁する当社のチームでは、最新鋭の検査を実施しています。それには以下のものが含まれますが、それだけに限りません。

● 濃度測定

● 粘度測定

● 屈折率測定

● 偏光測定

● 誘導結合プラズマ質量分析(ICP-MS)

● 誘導結合プラズマ原子分光分析(ICP-OES)

● ガス・クロマトグラフィー(GC)

● 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)

● フーリエ変換赤外分光

● 自動微生物計数法[Automated Micro-Enumeration]

● 崩壊[Disintegration]

● pH

● 顕微鏡検査

● 可燃性検査

● 引火点検査

● ガスクロマトグラフィー・マス・スペクトル分析(GCMS)

● キラル・クロマトグラフィー

● 同位体比質量分析(IRMS)

当社ラボで行うものに加え、外部のラボでも日常的に検査が行われています。その際に検査を依頼する外部ラボも高度なスキルを持つ熟練の科学者を擁しています。

スタンダード

昨今注目の高まっているエッセンシャルオイル業界のリーダー、そして地球の良きパートナーとして、責任あるビジネスを行うことも当社の使命の一つです。その実現のために、貴重な植物原料を持続可能な方法で調達、地元のコミュニティの発展に寄与し、基準となる環境保護規制を上回る取り組みを行っています。ヤング・リヴィングが目指しているのは、ピュアな製品を提供することだけではないのです。
高水準のスタンダード
安価なエッセンシャルオイルは合成物質を含んでいたり、純度が低いだけでなく、原料を倫理に反する方法で調達している場合が少なくありません。そのため当社では、原料の継続的な供給を守るためにもパートナー選びに高い基準を設け、ピュアなエッセンシャルオイルや原料を倫理的かつ合法的に生産しているパートナーを厳選しています。
持続可能なコンプライアンス・プログラム
徹底した当社のコンプライアンス・プログラムは、業界初の取り組みであり、その一歩を踏み出せたことを誇りに思っています。最新の情報について助言をもらうだけでなく、重要なビジネスニーズに対して適切かつ速やかに対処できるよう、世界中のトップの法律専門家を雇い入れています。本プログラムでは、デリケートな景観や植物、野生動物の保護を目的とし、どこで、どのように、どのくらいの量の植物を栽培・収穫すべきか等について、いくつかの特定の法的要因を決定します。こうした取り組みこそ、ヤング・リヴィングがコンプライアンスにおける業界のリーダーであることのさらなる証しです。
業界をリードする環境保護活動
当社の取り組みはサプライチェーン選びだけではありません。持続可能なビジネスを実現するために、収穫した木々の再生や、ヤング・リヴィング・オフィスでのリサイクル活動、またLEED(環境性能評価システム)認証を受けた本社の建築といった活動を行っています。こうした努力の積み重ねにより、地球に優しいパートナーとして業界をリードする存在になりえたのです。

レイシー法コンプライアンス・プログラム

当社のレイシー法コンプライアンス・プログラムは、エッセンシャルオイル業界において初めて米国政府により検討、是認された包括的プログラムです。まさに模範的なコンプライアンス・プログラムであり、競合他社の一歩先を行く取り組みに誇りを持っています。当社は最前線で活躍する一流の法律家と契約し、常に最新の情報を得ているだけでなく、最も重要なビジネス・ニーズに対して法律をどのように適用できるかアドバイスを受けています。

この新しいプログラムを開発するために、我々のチームは1年以上にわたって自社農場やパートナー農場、「Seed to Seal」の認証サプライヤー、また政府の協力を仰いできました。

また世界中の環境問題専門家との継続的な協力のもと、自然や植物の保護について常にアドバイスを受けています。

レイシー法コンプライアンス・プログラムには5つのステップがあり、それらを厳守することで、当社のエッセンシャルオイルやその他製品およびパートナーが、あらゆる地域の法律や規則を確実に守ることへつながります。

5つのステップは以下の通りです。

サプライヤーの教育

● すべてのサプライヤーに、レイシー法に基づく基本要件の厳守を求めます。

サプライヤーの評価

● 「製品リスク」、「サプライヤー・リスク」に則って正しく評価し、調達すべき製品、また契約すべきパートナーを決定します。

サプライヤー証明書

● サプライヤーは、レイシー法と当社のコンプライアンス・プログラムに関するトレーニングを受けた後、ヤング・リヴィング・レイシー法コンプライアンス証明書の作成を求められます。

リスクの評価

● すべてのサプライヤーと原料は、それぞれにリスク・カテゴリーが割り当てられます。そのカテゴリーに基づき、ヤング・リヴィングとのパートナーシップ、また原料の納入に必要な承認レベルを決定します。サプライヤーと原料は、それぞれ評価されます。

監査/モニタリング

● ヤング・リヴィングは、リスク要因に基づいて継続的な監査・モニタリング・プログラムを開発しました。レイシー法コンプライアンス・プログラムでは、サプライチェーンに関わるすべての個人および組織をカバーするよう考案されています。

この模範的プログラムは業界の先駆けとなるものであり、自然や植物を保護を継続的に実現することによって、エッセンシャルオイル業界を牽引するにふさわしいヤング・リヴィングの約束を明確にするものです。

製品を通じて、全ての分野で高水準を誇るヤング・リヴィングのスタンダードぜひご体感ください。