役員紹介

D.ゲリー・ヤング(1949-2018)

創設者~現代のエッセンシャルオイル業界におけるパイオニア~


自身の情熱を職業にすることは多くの人にとって夢のような話しです。しかしヤング・リヴィングの名誉創設者であるゲリー・ヤングにとって、それは紛れもない現実なのです。24年以上前、ゲリーは植物がもたらす様々な恩恵に魅せられ、エッセンシャルオイルの研究開発に没頭しました。その結晶ともいえるヤング・リヴィング製品、また彼が培ってきた多くの知識や経験を共有することで、世界中何百万人もの人々の健康をサポートし、より良い生活へと導いてきました。植物の恵みに関する比類なき専門知識によって、数多くのシングルおよびブレンドエッセンシャルオイルを生み出すことにつながったのです。世界中でエッセンシャルオイルの蒸留技術を学ぶ旅を続ける中、ゲリーはオイルの品質に大きな違いがあることを発見しました。高い純度を維持し、植物の恩恵をそのままオイルへと詰め込むには、エッセンシャルオイルの専門的かつ高度な分析が重要でした。ヤング・リヴィングでは、厳格な自社基準である「SEED TO SEAL(種の選定から製品化まで)」プロセスを開発し、種の選定から最先端施設での製品化に至るまでの全工程を通じて妥協を許さない確固たる取り組みを確立しています。その結果、高品質な製品を世界中のご家庭へと提供し続けることを可能にしています。

業界を牽引するグローバル企業としてのリーダーシップもさることながら、ゲリーは世界中に点在する自社農場やパートナー農場の運営にも注力しました。彼は世界でも品質の高いエッセンシャルオイルの提供につながるよう、栽培や収穫の時期や方法、また蒸留のプロセスを指揮しています。また、エッセンシャルオイルのパイオニアとして、多くの著書を出版し、その特性や素晴らしさについて語っています。
エッセンシャルオイルの可能性を深く理解し、ゲリーの多大なる功績を自社の発展に生かすことで、ヤング・リヴィングはこれまでもそしてこれからも、世界中の人々により良いライフスタイルをご提案し続けて参ります。

メアリー・ヤング

共同創設者 兼 CEO


メアリー・ヤングはヤング・リヴィングの日常業務において指導的な役割を担い、役員や社員に指針を与えています。また、メンバーたちがヤング・リヴィングのミッション(使命)や存在意義を世界に広めていけるよう、メンバーに助言をしながら教育をし、力づけています。
メアリーは1985年、直売業界でビジネスを始め、2年のうちに月100万ドルを売り上げる組織を作りあげました。メアリーはヤング・リヴィング設立当初から直売業界における素晴らしい知識と経験、そして彼女の強い組織力を活かして、ヤング・リヴィングが世界のエッセンシャルオイル業界におけるリーディングカンパニーになるべく貢献してきました。
メアリーはまた、慈善活動においても重要な役割を担い、ヤング・リヴィング基金を通して世界中の支援活動を率先して行っています。彼女はメンバーたちが健康なライフスタイルを目指して頑張れるように、一人ひとり、そして組織をサポートするというヤング・リヴィングの決意を具現化していると云えます。

ジェレッド・ターナー

社長 兼 最高執行責任者



ジェレッド・ターナーは当初ヤング・リヴィングの国際法務担当として入社しました。ヤング・リヴィングの成長に対する情熱はほどなくして彼を栄進へと導きました。国際部副社長、グローバルセールス最高責任者、セールス&マーケティング最高責任者、最高執行責任者を経て、現在は社長 兼 最高執行責任者となり、ヤング・リヴィングのグローバル市場の拡張、ブランディング、製品、メンバー経験の発展などの管理において責任を担っています。
成果主導であるジェレッドは1994年に設立した当時のヴィジョンをさらに高めるために、創設者であるD.ゲリー・ヤングと共同創設者のメアリー・ヤングより厚い信頼を受けていました。彼はヤング・リヴィングの真のミッションとビジョンを世界中の人たちに熱心に広めています。
ジェレッドはシラキュース大学でインターナショナル リレーションズの修士号とシラキュース大学法律学校で法律の学位、そしてユタ大学でスペイン語と政治学の学士号を取得しました。
彼はスノーボード、旅行、スキューバダイビング、バスケットボール、ハイキングが趣味で、妻のフェリシアと息子のキャンベル、カイ、娘のテイタムと時間を過ごすことを大切にしています。

マシュー・フレンチ

総合弁護士 兼 企業法令順守責任者


ヤング・リヴィングの経営陣として、マシューは企業統治、薬事、訴訟、契約管理、雇用法を含む法律や法令順守において戦略的な助言をしています。ヤング・リヴィングに入社する前は、民間の法律事務所で民事訴訟や刑事被告人の弁護を専門に扱い、また、アリゾナ州マリコパ郡の次席検察官として職務も果たしました。
ヤング・リヴィングの「健康」「生きる目的」「豊かさ」を人々に広めるという使命を知り、マシューをヤング・リヴィングに勤めることを決めました。彼は入社後直ぐにヤング・リヴィングの企業文化が素晴らしいと幹事、会員の方々のために働こうという気持ちを強く持ちました。
マシューはスポーツ、特に米プロバスケットボールチームのレイカーズが好きです。また、音楽、カラフルな靴下や家族と一緒に過ごすことを楽しんでいます。


R.マイケル・ブック博士

サイエンス最高責任者


ヤング・リヴィング初のサイエンス最高責任者としてブック博士が就任しました。新製品、既存の製品における科学研究、開発、新しい特許出願やクレーム、製品戦略や改善といった業務の責任者です。
ブック博士は健康とウェルネス業界で25年以上の経験を持っています。デラウエア大学のFranklin&Marshall Collegeで化学の学士号、分析化学の修士号と博士号の学位を取得しました。
またブック博士は、世界有数の企業組織を率いてきました。彼の成功は、医療分野における数多くの特許、いくつかの書籍、論文審査のある専門科学雑誌に多数の論文をもたらしました。彼は年間売上高が30億ドル近くの健康管理製品の開発の責任者でもあり、彼の製品は100か国以上で販売されています。ブック博士はまた、世界政策科学研究所と米国科学振興協会などいくつかの有名な協会のメンバーです。
ブック博士は塩水釣りを楽しみ、写真撮影に情熱を持っています。また森林のフレッシュな香りがするアールシーブレンドイルが好きで、冬にディフューズして香りを楽しんでいます。

ローレン・ウォーカー

サプライチェーン最高責任者


ローレンはプロジェクトマネジメント、サプライチェーン、製造において25年以上の経験があります。彼女はエンジニアから製造部副社長まで、革新的な供給と生産戦略に先駆け、複数の有力な国際企業で働いていました。
ローレンはその卓越した経験を生かし、情熱をもって取り組んでいます。彼女の役割は、ヤング・リヴィングのグローバルサプライチェーン全体を監督し、それが最初から最後までスムーズに実行されることを保証することです。グローバルに連携したシステムでの彼女の印象的な仕事ぶりは、ヤング・リビングがすべての市場での事業の展開に大きく貢献し、メンバーのために高品質な製品を確実に提供することに繋がっています。

また、その豊富な経験に加えて、ソルトレーク・チェンバーを含むいくつかの取締役会で働いています。 また、米国せいAmerican Manufacturing Strategies SummitとFront End Innovations Conferenceの基調講演者です。彼女はLean Six Sigmaプロジェクトのチャンピオンであり、Green Belt Certifiedです。ニューヨークのユニオンカレッジで電気工学の学位を取得しています。

ベン・ライリー

セールス最高責任者


ベン・ライリーは2016年、グローバル・セールス担当シニア・ディレクターとしてヤング・リヴィングに入社しました。それ以降、北米地域担当プレジデントを務め、グローバル・セールス担当エグゼクティブ・バイスプレジデントになりました。
デューク大学でMBAを取得し、ネットワーク・マーケティングと日用消費財の分野で15年を超える経験を持つベンは、Visi社でリーダーシップ担当バイスプレジデント(VP)、エイボン社でオーストラリアとニュージーランドにおけるセールス担当VP、4Life ANZ社でマネージング・ディレクター、メラルーカ ANZ社でゼネラル・マネジャーを務めてきました。台湾と韓国で働いた経験もあり、韓国語を流暢に話せるほか、中国語もかなり話すことができます。海外でのビジネス構築に合計で10年を超える経験を持つベンは、異なる文化と人々を理解し、そこから学ぶことに喜びを感じています。
ベンとヤング・リヴィングの関係は、1998年、ベンが大学に通いながらヤング・リヴィングの倉庫で働いたときにすでに始まっていました。ヤング・リヴィング・ファミリーの一員だと思うと、自分の家に帰ってきたような感覚を覚えると語っています。ヤング・リヴィングは、個人に力を与える仕組みとして、ベンがこれまで参加してきた中で最も優れた仕組みであり、ベンはそのために働くことに特に情熱を注いでいます。
ベンは妻とのあいだに子供が三人(娘が二人、息子が一人)おり、特にハイキングやキャンプなどで家族と過ごす時間を楽しんでいます。個人的な趣味はゴルフ、ロード・サイクリングとマウンテン・サイクリング、読書、旅行などです。ベンのお気に入りのヤング・リヴィング製品はいろいろと変わりますが、今はセイクレッドサンダルウッドが気に入っています。

リー・ボーウェン

財務最高責任者


リー・ボウエンは18年以上ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイルに勤務しており、金融業務と戦略開発に携わってきたほか、財務担当ディレクターになった2014年以降は幹部の一人を務めています。財務最高責任者として、コミッション・サービスや人事、給与、税務、リスク管理に加え、財務のプランニングおよび分析、詐欺行為の管理、財務、銀行取引、社内監査を監督しています。
アリゾナ州立大学でMBAとMSIM(情報管理修士号)を取得。ブリガム・ヤング大学では会計学学士を取得したほか、スペイン語を第2専攻しました。これまでは、インテル社とデロイト・コンサルティング社で勤務したほか、ヒルティ社の財務担当地域ディレクターとしてパナマに駐在し、ネイチャーズサンシャイン社では財務プランニングおよび分析担当ディレクターを務めました。スペイン語も流暢に話すことができます。
リーは妻のトリシアと結婚して20年になり、子供が4人います(息子が三人、娘が一人)。子どもたちが参加するスポーツ競技の観戦やランニング、ゴルフ、BYU(ブリガム・ヤング大学)のスポーツ・イベントへの参加などを楽しんでいます。クリスマススピリットか、ライムとペパーミントの爽快なブレンドをディフューズして1日を始めるのを習慣としていす。

マイケル・グリーン

情報技術担当 執行役員


マイケル・グリーンは、新たな情報技術エキスパートとしてヤング・リヴィング・チームに加わりました。情報技術担当 執行役員となるマイケルは、膨大なデータを扱うスケーラブルなシステムの構築に豊かな経験をもち、ヤング・リヴィングの大規模ネットワークをサポートできるよう、当社のIT部門をレベルアップしてくれるでしょう。
マイケルはマサチューセッツ大学ローエル校で情報技術の学士号を取得しました。
2017年にヤング・リヴィングに入社する前は、プレクサス・ワールドワイド(Plexus Worldwide)社の最高情報責任者を務め、ソフトウェア開発やIT業務、ビジネス・インテリジェンス、事業運営といったさまざまなIT分野でリーダーシップを発揮してきました。
また、16年以上にわたって新興企業やダイレクト・セールス、コンシューマ製品のグローバル企業などでIT関連の仕事に携わり、成功を収めています。メラルーカ社、ユサナ社、プレクサス・ワールドワイド社といった企業で経験を積んだマイケルは、10億ドル企業の構築と運営サポートにおけるグローバルな局面を理解しています。徹底的な調査によって数多くの候補者がリストアップされた中から選ばれたマイケルをヤング・リヴィング・チームに迎えることができ、嬉しく思っています。優れたパフォーマンスを目指すマイケルの真摯な姿勢、とりわけ、最初から最後まで最高品質の仕事を提供し、まわりの人々にも同じ行動をとるよう鼓舞するマイケルの意欲は、当社の「Seed to Seal®」への取り組みと完全に合致しています。マイケルは次のように語っています。「現状を乗り越えて進み、さまざまなアイディアを探求できる協力的な環境を作るよう、従業員を励ましています。多才なチーム・プレーヤーとして、ゴールまで突き進んで行くのです」

ケリー・ケース

首席顧問


ケリーは15年以上の間ヤング・リヴィング・チームの大切な一員であり、その間このビジネスの数多くの分野で貴重な知見を蓄えてきました。ケリーは初めマーケティング部門の一員としてヤング・リヴィングに加わり、その後昇進して創始者たちの秘書となり、このビジネスのさまざまな分野のサポートも行ってきました。
程なく厚い信頼を置かれた顧問となり、さまざまな課題への取り組みや会社の成長において重要な役割を果たしてきました。
ケリーの仕事は、問題の調停や助言、部門間のコミュニケーションを橋渡しして結束を高めるなど、これまでは舞台裏で行われるものがほとんどでした。
ケリーは今後も、エグゼクティブ・チームやCEOのメアリー・ヤング、創始者のゲリー・ヤングの戦略アドバイザーであり、信頼される顧問、そして相談役であり続けますが、これからは日々の戦略的ビジネスにおいて会社のスタッフに目に見える形で行う仕事が増えるでしょう。
ケリーはブリガム・ヤング大学で英語の学士号を取得しました。夫と二人の子どもたちとともに過ごす時間を楽しんでいるほか、旅行や、ビーチで過ごすこと、読書、観劇といった趣味もあります。