役員紹介

D.ゲリー・ヤング(1949-2018)

創設者~現代のエッセンシャルオイル業界におけるパイオニア~


自身の情熱を職業にすることは多くの人にとって夢のような話しです。しかしヤング・リビングの名誉創設者であるゲリー・ヤングにとって、それは紛れもない現実なのです。24年以上前、ゲリーは植物がもたらす様々な恩恵に魅せられ、エッセンシャルオイルの研究開発に没頭しました。その結晶ともいえるヤング・リビング製品、また彼が培ってきた多くの知識や経験を共有することで、世界中何百万人もの人々の健康をサポートし、より良い生活へと導いてきました。植物の恵みに関する比類なき専門知識によって、数多くのシングルおよびブレンドエッセンシャルオイルを生み出すことにつながったのです。世界中でエッセンシャルオイルの蒸留技術を学ぶ旅を続ける中、ゲリーはオイルの品質に大きな違いがあることを発見しました。高い純度を維持し、植物の恩恵をそのままオイルへと詰め込むには、エッセンシャルオイルの専門的かつ高度な分析が重要でした。ヤング・リビングでは、厳格な自社基準である「SEED TO SEAL(種の選定から製品化まで)」プロセスを開発し、種の選定から最先端施設での製品化に至るまでの全工程を通じて妥協を許さない確固たる取り組みを確立しています。その結果、高品質な製品を世界中のご家庭へと提供し続けることを可能にしています。

業界を牽引するグローバル企業としてのリーダーシップもさることながら、ゲリーは世界中に点在する自社農場やパートナー農場の運営にも注力しました。彼は世界でも品質の高いエッセンシャルオイルの提供につながるよう、栽培や収穫の時期や方法、また蒸留のプロセスを指揮しています。また、エッセンシャルオイルのパイオニアとして、多くの著書を出版し、その特性や素晴らしさについて語っています。
エッセンシャルオイルの可能性を深く理解し、ゲリーの多大なる功績を自社の発展に生かすことで、ヤング・リビングはこれまでもそしてこれからも、世界中の人々により良いライフスタイルをご提案し続けて参ります。

メアリー・ヤング

共同創設者 兼 CEO


メアリー・ヤングはヤング・リビングの日常業務において指導的な役割を担い、役員や社員に指針を与えています。また、メンバーたちがヤング・リビングのミッション(使命)や存在意義を世界に広めていけるよう、メンバーに助言をしながら教育をし、力づけています。
メアリーは1985年、直売業界でビジネスを始め、2年のうちに月100万ドルを売り上げる組織を作りあげました。メアリーはヤング・リビング設立当初から直売業界における素晴らしい知識と経験、そして彼女の強い組織力を活かして、ヤング・リビングが世界のエッセンシャルオイル業界におけるリーディングカンパニーになるべく貢献してきました。
メアリーはまた、慈善活動においても重要な役割を担い、ヤング・リビング基金を通して世界中の支援活動を率先して行っています。彼女はメンバーたちが健康なライフスタイルを目指して頑張れるように、一人ひとり、そして組織をサポートするというヤング・リビングの決意を具現化していると云えます。
ヤング・リヴィング ジョー・キャノン

ジョー・キャノン

代表取締役社長 兼 最高執行責任者



ジョー・キャノンは、最高執行責任者として、法律、ビジネス、および政策における豊かで卓越した実績をヤング・リヴィングの運営に活かしています。
ブリガムヤング大学ロースクールを優等で卒業後、1978年に法律の実務を開始し、Morgan, Lewis & Bockius(ワシントンD.C.)での実務に加わってから数年で、公共政策でその名を知られるようになりました。
1981年から1985年まではレーガン政権の米国環境保護庁(EPA)で活動をし、その間は上院の承認を得た大統領被任命者であり、責任は大気保全基準の実施から、企業が汚染を削減するための経済的インセンティブの開発にまで及びました。
EPA在任時、ガソリンから鉛を除去するにあたって重要な役割を果たし、同時期に名声の高いD.C.法律事務所Pillsbury、Madison&Sutroのパートナーとなり、環境、天然資源、エネルギー、行政法に携わりました。
現在、ヤング・リヴィングのCOOとして、運営を最適化して世界中のコミュニティにより良いサービスを提供することにより、地元に、そして世界中にその足跡を残しています。
お気に入りの製品は、オフィスではニンシアレッドとバニラ・ライムブレンド、自宅のディフューザー用としてはラベンダーとフランキンセンスです。
非常に活発なキャリアを維持してきましたが、妻のジェーン、7人の子供、さらには23人の孫から成る家族を常に大切にしています。

プラサド・ガンカンダ

チーフセールス&オペレーションオフィサー


プラサド・ガンカンダはスリランカで生まれました。スリランカの英国人寄宿学校トリニティカレッジに通いながら英語を学び、高校在学中にパイロットの免許を取得しました。
19歳の時にスーツケース2つのみでアメリカに渡り、ユタ州立大学で機械・航空宇宙工学の学位を取得しました。

エンジニアリングに対する深い理解を活かし、業務、新規市場開発、グローバル販売など、さまざまなビジネス課題を成功に導いてきました。彼のチーム全体の効率性と生産性を高め、世界的に成果を上げるチームを構築してきました。
現在チームは世界中のヤング・リヴィングに拡大し、すべての収益と業務を管理しています。愛用のエッセンシャルオイルは、ヤングヴァラーとハイエストポテンシャルです。

ケリー・ケース

首席顧問


ケリーは15年以上の間ヤング・リヴィング・チームの大切な一員であり、その間このビジネスの数多くの分野で貴重な知見を蓄えてきました。ケリーは初めマーケティング部門の一員としてヤング・リヴィングに加わり、その後昇進して創始者たちの秘書となり、このビジネスのさまざまな分野のサポートも行ってきました。
程なく厚い信頼を置かれた顧問となり、さまざまな課題への取り組みや会社の成長において重要な役割を果たしてきました。
ケリーの仕事は、問題の調停や助言、部門間のコミュニケーションを橋渡しして結束を高めるなど、これまでは舞台裏で行われるものがほとんどでした。
ケリーは今後も、エグゼクティブ・チームやCEOのメアリー・ヤング、創始者のゲリー・ヤングの戦略アドバイザーであり、信頼される顧問、そして相談役であり続けますが、これからは日々の戦略的ビジネスにおいて会社のスタッフに目に見える形で行う仕事が増えるでしょう。
ケリーはブリガム・ヤング大学で英語の学士号を取得しました。夫と二人の子どもたちとともに過ごす時間を楽しんでいるほか、旅行や、ビーチで過ごすこと、読書、観劇といった趣味もあります。

メリッサ・ビショップ

最高財務責任者


メリッサは財務および会計の豊富な経験を携え、ヤング・リビングに入社しました。CFOに就任する前は、グローバル税務部門の責任者として4年間を過ごし、全ての市場でコンプライアンスを確保し、過去2年間で10の新市場の立ち上げに貢献してきました。メリッサは、問題に対して創造的な解決策を見つける、既成概念にとらわれない発想力の持ち主です。

メリッサは、ブリガム・ヤング大学で会計学の修士号(税務に重点を置いた)を取得し、公認会計士の資格を持っています。ダイレクトセールス業界で15年の経験を持ち、アーサー・アンダーセンとKPMGの両方で4年間公会計の仕事をした経験があります。ヤング・リビングに入社する前、メリッサは別のダイレクトセールス会社で最高財務責任者として働いていました。また、アメリカ女性公認会計士協会ユタ支部の元会長を務めた経験もあります。

メリッサのお気に入りのヤング・リビング製品の一つは、自然なエネルギーが摂取出来るジングです。ペパーミントオイルのボトルとローラートップを持ち歩くことと、一日の終わりには、シダーウッドとラベンダーのブレンドをディフューズし、温かくて心地良い香りを楽しむのが好きです。

ブラント・ビショップ

最高法務責任者


ブラント・ビショップは、最高法務責任者として、最高レベルの法律家として数十年の経験を持っています。993年にブリガム・ヤング大学で政治学の修士号と学士号を、1996年にハーバード・ロー・スクールで法学博士号を取得しました。 米国連邦控訴裁判所判事の司法秘書を務めた後、世界的な法律事務所であるカークランド&エリスLLPのワシントンD.C.オフィスに20年近く勤務したのち、2016年にエクイティ・パートナーとして退任しました。その後、D.C.を拠点とするブティック型裁判訴訟会社であるWilkinson Walsh & Eskovitz LLPの設立パートナーの一人であり、マネージング・パートナーを務めました。

約25年に及ぶ私法業務の中で、ハイテク、金融サービス、プライベート・エクイティ、保険、石油・ガス探査・生産、プロスポーツ、自動車、消費者製品、医薬品など、さまざまな業界のクライアントを代理し、州および連邦憲法、国際法、独占禁止法、消費者保護法、私的契約、州および連邦証券法などに関連する訴訟を含むさまざまな民事事件でクライアントの代理をしました。ブラントは、いくつかの政府機関、国内の多くの州裁判所および連邦裁判所、いくつかの連邦控訴裁判所、および米国最高裁判所でクライアントの代理人を務めてきました。

結婚26年の妻と、5人の子供がいます。仕事以外では、いくつかの慈善団体の役員を務め、教会や地域社会の団体でボランティアとして活動しています。彼のお気に入りのヤング・リビング製品は、ウルフベリー・クリスプ・バーと全ての柑橘系エッセンシャルオイルです。

ガブリエル・サンチェス

アメリカ担当社長

メキシコ南部で生まれ育ったガブリエルは、2001年にアメリカにて法教育を目指し、12年間国際法に携わりました。ヤング・リヴィングへは2015年に入社してから、ラテンアメリカのビジネスと新規マーケット開拓に大きく貢献しています。

現在アメリカ担当社長、そしてヤング・リヴィングのエグゼクティブ・チームの一員として、この急成長する地域の戦略的成長に直接参加し、個々のチームメンバーの目標とビジョンを支援するチャンスを楽しみにしています。彼は「健やかな家庭をあなたに、健やかな世界を全ての人に」というヤング・リヴィングのゆるぎない使命を共感し、担当地域を新たな可能性へと導いていきたいと考えています。

私生活では、おいしい食事、新しい人との出会い、旅行、サッカー、そして家族との時間を楽しんでいます。
毎朝ニンシアレッドでスタートし、YL ハイエストポテンシャル とヤング トランスフォーメーションでモチベーションと元気を保っています。

タイ・トールマン

インターナショナル担当社長

タイは、ニュージーランド出身の家族でハワイ州に生まれました。タイは過去16年間アジアで過ごしており、過去にはメラルーカのバイスプレジデントを務め、2016年から最近ではヤング・リヴィング・アジア太平洋地域担当社長を務めています。20年以上にわたり、国際市場における顧客対応ビジネス、販売、マーケティング、オペレーション機能を管理してきた経験を持ち、様々な国での立ち上げなどで成功を収めてきました。

ヤング・リヴィングの国際市場の責任者でありエグゼクティブ・チームの一員である彼の使命は、あらゆるレベルでメンバーの声を高め、他に類を見ない製品の品質にマッチした経験をしてもらうことです。高パフォーマンスのチームを構築し、率いることで、ヤング・リヴィングの世界的に変化するビジョンを前進させ、世界に通用する製品と生活やコミュニティを変革するチャンスを結びつけることに取り組んでいます。


ブリガムヤング大学で国際経済学、フランス語の学位を、その後UCLAとシンガポール国立大学の両方からMBAの学位を取得しています。
現在、奥さんのタニアと4人の子供と一緒にマレーシアのクアラルンプールに住んでおり、コミュニティー活動に力を入れています。フィットネスに非常に熱心で、ジムの経営や、週末はラグビーコーチ兼選手として活動しています。
ロイヤルハワイアンサンダルウッドとニュージーランドマヌカがお気に入りの製品です。

ジーン・シュレセンゴースト

最高人事責任者


メジーン・シュレセンゴーストは、今までカーディナルヘルス、エマーソン・エレクトリック、オクシデンタル・ケミカル、トリメックスなど有名企業で働き、30年以上の人事経験があります。
「 偉大な事業は1人では決して成し得ない。 それはチームによって成し遂げられるのだ。」というスティーブ・ジョブズの言葉は、チームワークの重要性について考える彼の見解と一致しています。
ヤング・リビングを知ったきっかけは、毎晩ジェントルベイビーを使って子供をリラックスさせている、彼の娘からの紹介でした。