創設者からの特別なメッセージ

D. ゲリー・ヤング
2015年11月30日、私は東京の伊東道子理事長とネパールのカトマンズのビノド・タマング氏と会見し、凄まじい地震で大被害がもたらされたネパールを支援する方法について話し合いました。タマング氏から被災地の写真や新聞記事を見せられましたが、私は悲痛な想いにかられました。

地震から8ヵ月が経過していますが、今なお120万人の人々が家屋を失ったまま避難生活を強いられており、家族を守るために、テント、仮設シェルター、ブリキ小屋などあらゆるものを組み立てながら生活を続けています。各地の村々では、寒さや食糧不足によって何百人もの人が命の危険にさらされています。

道路が破壊されたため、多数の村々ではいまだに支援が行われていません。4回の大地震と114回の余震によって、作物を育てる耕作地もなくなっており、さらに4ヵ月にわたってモンスーンの激しい雨と秋雨に見舞われました。ここは山岳地帯であり、村落や小規模農場は山間の丘陵に収まっており、標高2400~4200メートルの高さです。大地震と余震に雨が加わり、不安定な地盤が地滑りを引き起こし、初期の地震で倒壊を免れた家屋も流され、水道や灌漑設備もなくなっています。道路、住宅、学校だけでなく、病院も被害を受けています。

これだけではありません。ネパールは政治体制の変遷のさなかにあり、王政から連邦民主共和制に移行している最中です。インド政府の支援を受けたインド系の住民が暴動を起こしており、国境付近の道路は封鎖され、食糧や燃料など必需品の流通を妨げています。これによって、国の窮状はさらに深まり、人々の生活を脅かしていているのです。

多額の寄付金が集まっていますが、ビノド・タマング氏は苛立ちを隠しきれません。支援活動のニーズが山積しながら、進捗があまりにも遅いからです。私は彼から、ネパールを訪問して何らかの支援をしてくれないか、と要請されました。ただでさえ手一杯の私が、さらに仕事を増やせるかどうかためらわれましたが、大きな憐憫の情に動かされ、行くしかない、支援するしかない、と悟りました。

現地に1月5日に到着しましたが、予想していたこととはいえ、惨状を目の前にして圧倒される想いでした。状況は報道されている以上に悪化しており、支援活動に取り組んでいる人たちも、このような大規模プロジェクトの経験に乏しいため、取りつくしまもない様子でした。私の頭の中で次々と考えがめぐり、支援を可能にするアイデアを見つけ、エネルギーが湧いてきました。

私たちが最初に訪れたのは、震源地となった第6地区のヤルサ村です。この村に通じる道は通行が可能で、カトマンズから車で7時間でした。しかしながら、到着してみると、すでに9ヵ月が経過しているにもかからず、280人の住民や全壊した家屋の状況を調査しに訪れた人は誰もいないことを知って、愕然としました。支援物資を届けるのは私たちが最初であり、トレーラーで毛布、コート、セーター、帽子、パジャマを届けました。村の全住民に物資を手渡しましたが、感情が揺さぶられ、断腸の思いにかられる瞬間でした。私が訪問する1週間前までに、厳しい寒さのために24人が亡くなっており、毛布を手渡している最中に2人の子供が亡くなりました。

震源地に近いほかの3つの村も訪問しましたが、状況は同じで、これまでに支援活動はいっさい行われていません。ネパールに数百万ドルが寄付されたという話ですが、そのお金は、政治情勢、非効率な作業、指令系統の欠如など多数の理由によって、銀行に眠ったままになっていました。氷点下や吹雪の天候が訪れる前に、数千の家屋が建設できていたはずなのです。家を失った120万人のうち、半数以上が子供たちなのですが、誰が保護しているのでしょうか。いろいろと説明を受けましたが、どれも納得がゆきませんでした。

するべきことは明白でしたので、私はすぐに行動を開始しました。ネパールの副大統領と会見し、住宅建設を始めるため何が必要とされているのか、尋ねてみました。笑えるような状況ではないのですが、彼の回答はほとんど滑稽といってもよいものでした。興味深そうな表情を見せながら「地元の土木業者を雇い、仕事をしてもらうことでしょう」という回答でした。

寄付金を集めている機関の地元支部のディレクターにも会い、何か援助できることはないかと尋ねましたが、私たちが数日という短い期間で成し遂げたことに驚いている様子でした。私の動きが速く、支援活動を指揮する立場にまで踏み込んでいたため、何らか理由でそう感じたのかもしれません。しかし、これは理解しがたいことです。私はこのような巨大な組織の実情や、ここに寄せられる巨額の寄付金、そしてこの組織で使われる維持経費について、考え直さざるを得なくなりました。

私は自分の進むべき方向で決意を固めました。自分たちがやることは自分たちが主導権を握り、私たちの寄付金は私たちがその用途を管理していくことに決めたのです。ヤング・リヴィング基金は急速に成長していますが、それは目的とする使命に加え、基金運営者の給与や経費がヤング・リヴィングによって賄われ、寄付金の全額がさまざまなプロジェクトに直接に投入されているからです。基金ディレクターのニッキー・デイヴィスとそのスタッフは世界中を飛び回り、会員の善意が込められた寄付金が有効に生かされるようにプロジェクトの探索や調査を行っており、その活躍には驚かされるばかりです。



ヤング・リヴィング基金が乗り出すべきときです。同基金のニッキとブリタニーは、1週間後に私を追ってネパールを訪れましたが、私と同じような体験をしました。為すべき仕事に圧倒されると共に、小さなこの国の人々がいかに膨大な支援を必要としているのか、世界にほとんど伝わっていないことに心を痛めました。住宅や学校の建設にあたっては、できるだけ多くの会員の協力を必要とします。技能や強い気持ちのある人は、ヤング・リヴィングにとって歴史的ともいえるこの事業に参加してほしいのです。

エクアドルの農場では、私が南アフリカから輸入したレンガ製造機を導入しています。この機械は土壌に少量のセメントを混入させてレンガをつくります。運転はとても簡単で、耐震機能もあり、効率的です。材料の成分からわかる通り、レンガは非常に廉価です。すぐに決断が下されました。ネパールにも同じような機械を1つ届けようではありませんか。私は電話で注文を入れました。南アフリカのヨハネスブルグから取り寄せる全自動ブロック製造システムですが、ヤング・リヴィング基金がこれを購入し、近日中にカトマンズに送り届けられます。

私たちはこのシステムを設置し、エクアドルと同じように、土とセメントから連結ブロックを製造する方法を人々に教えることになります。人々に家のつくり方を教えるのです。家屋や学校やその他の建物を再建したあとは、この製造ブロックを販売に回すことで、村の人たちに収入が生まれます。そこに至るために、まずは資金が必要です。なぜなら、これは予算外のことであり、突然のアイデアだったからです。

私は3人の人を初期トレーニングとしてヨハネスブルグに派遣する予定です。エンジニア、建築家、プロジェクトマネジャーの3人です。製造を軌道に乗せ、ブロックを積み重ね、建設の準備ができたところで、私たちは最初の村の再建に乗り出し、さらにその次の村へと移動します。

準備の完了とともに、建築の経験があるボランティアを募集することになるでしょう。ブロックの製造や搬送でも十分な労働力が必要であり、技能を問わず、全般的なことをこなすお手伝いが必要となります。さらに、医師、看護師、歯科医、療法士、ソーシャルワーカー、調理師、教師に加え、震災で孤児となった何百人という子供たちのためのカウンセラーも招き入れる予定です。

実は皆さんに一緒になって参加してもらいたいことがあります。2月18日(木)はネパールの祝日ですが、この日の正午から、私は家族のメアリー、ジェイコブ、ジョゼフと一緒に、24時間食事を摂らない1日断食を行いますが、200万人の会員の皆さんにも参加をお願いしたいのです。祈りには強い力があり、苦しみにあえぐ小さな国が大きな支援を求めていることを思い起こしてください。

断食はあらゆる宗教に見られるもっとも古い神の掟であり、霊性、精神性、人間性、健康に素晴らしい効果があることは、古来から多くの文献に記されています。これはヤング・リヴィングの新しい歴史に参画するチャンスであり、生涯で一度限りの経験になるかもしれません。

断食は木曜日の正午に始まりますので、この日は朝食を摂り、断食中はマスタークレンズまたは水だけにするか、スイカジュース、キャロットジュースなどを使っても構いません。いずれも素晴らしいものです。1時間おきに少量を飲むことが大切で、とくに水の場合はそうしてください。

私は2時間おきに、あるいは、空腹を感じたときにジュースを摂ります。断食中の24時間は、浄水または蒸留水のみを3.6リットルほど飲むことが大切です。水道水やプラスチック容器に入った水は飲まないようにしてください。

金曜日の午後には断食を完了し、最初の食事は軽い野菜スープにします。消化機能が順調かどうか、1時間ほど様子を見ます。この後は軽い食事をしても大丈夫ですが、肉は土曜日まで控えましょう。これがベストの結果を引き出します。断食を快適に過ごせる人は、自分の為すべきことがわかるのです。

私は過去43年間、断食を自ら実践し、人にも教えてきました。これは長寿と豊かさをもたらす優れた実践法です。

断食の経験が1度もない人は、今回、素晴らしい体験ができるチャンスです。エネルギーに満ちた軽やかさを感じ、スピリチュアルな気づきが増えるなど、今まで想像もしなかった自分を発見することになるでしょう。そして長く断食すると、もちろん、経験がさらに深まります。体のクレンジングが始まると軽い頭痛を感じる人もいますが、その場合はさらに多くの水分を摂ってください。

断食を選択されない方は、一緒に祈り、与える気持ちで参加してください。

食費のおおよその相当額を決めてください。おそらく家族1人あたり6~7ドル程度でしょう。このお金をヤング・リヴィング基金の「Nepal Children’s Home Project(ネパールの子供たちの家をつくるプロジェクト)」に寄付してください。この寄付金は、何百という住宅や学校や診療所をつくるための資金として使われます。

先週の「ウィンター・ハーヴェスト(冬の収穫)」では、私は光栄なことに、会員の1人から100ドルを手渡されました。彼は「断食ができるかどうかわかりませんが、寄付ならできます」と言ってくれました。これこそがヤング・リヴィング会員の心意気であり、とびきりの素晴らしさを発揮してくれます。私は皆さんの一人ひとりに誇りを感じています。

次回ネパールを訪問するときには、私たちは皆さんに通知いたしますので、よろしければ訪問の旅に一緒にご参加ください。また、ヤング・リヴィング基金からは、最良の航空会社や到着便などの情報のほかに、ビザを含めカトマンズ空港で受け取りが可能な必要書類などについてもお知らせいたします。パスポートサイズの写真をご持参ください。忘れた場合でも、空港に写真撮影機のブースがありますが、多少時間がかかります。

すべての情報はもうじき明らかになります。私たちが建設する村々の場所や、宿泊施設や食事など必要となる情報をリストアップします。

これは間違いなく、数百万人の人たちに大きな変化をもたらすチャンスです。私たちは世界中で一体となり、大いなる使命に身を捧げることになるのです。

また、エベレスト山とヒマラヤ連峰という、世界でもっと雄大な場所を眺めることもできます。さらに、ネパールはウィンターグリーン、サンダルウッド、ローズ、ラベンダー、メリッサなど多くのハーブ植物が生息する場所であり、まだ名前が知られていない植物もたくさんあります。住宅建設を進めながら、同時に、小さな蒸留施設を建設する計画も考えています。

一人ひとりを変えていくことで世界を変えていく―これがヤング・リヴィングの使命です。今回は、国全体を変えるというチャンスが到来しており、誰でもこの変革に参加することができるのです。

ありがとうございます。

D. ゲリー・ヤング
2016年2月12日