バランスコンプリート|お腹いっぱい食べても太らない、ソイプロテイン
バランスコンプリート|お腹いっぱい食べても太らない、ソイプロテイン

 

バランスコンプリートは、日本人の為に、日本で開発された

「ビタミン・ミネラル・大豆プロテイン」が、しっかり摂れるバランス栄養食です。

健康的な体づくりの為の「1食置き換え」としてお勧めします。

 

1 Meal Replacement1日1食の置き換えダイエット
適正体重へ

 

バランスコンプリートジャンクフード

 

 

 

1日1食をバランスコンプリートに置き換えることで、1日の糖質量が大幅に減り、ビタミン、ミネラル、タンパク質が効率的に摂取できます。

一般的に、大豆プロテインはだまになりやすく、溶けにくいと言われていますが、
バランスコンプリートは、水や豆乳、牛乳にさっと溶けて腹持ちがよい上、とてもおいしいと評判です。

ダイエット中はもちろん、食べ過ぎた翌日、忙しくて食事の時間がないとき、不規則な生活で食生活がみだれているとき、
食欲がないとき、肌荒れを感じるときなど、さまざまなシーンにおすすめの完全バランス栄養食です。

 

 

一袋当たり(50g)に含まれる、
ビタミン、ミネラル量

 

 

BALANCE COMPLETEバランスコンプリート

バランスコンプリート

バランスコンプリート
製品番号:39052

内容量:1箱 15袋入り

会員価格: 7,938円

PV: 51.25

ヘルス マネージメント プログラム
ヘルス マネージメント プログラム

 

 

つらい運動は必要ない。

1食置き換えと糖質量を制限するだけで
お腹いっぱい食べられる、

それが
「ヘルスマネジメントプログラム」

 

 

ヤングリビングのヘルスマネジメントは、「健康的な体づくり」という観点から、ただ体重を減らすだけではありません。

きちんと栄養をとりながら、筋肉量や体脂肪のバランスを整え、健康を増進しながら痩せやすい体質になることを重視しています。

そのため、「バランスコンプリートを継続する期間」、「糖質・タンパク質・脂質の摂取管理」、「軽いウォーキングやストレッチ」を組み合わせた
ご自身に合ったプログラムを3種類ご用意しています。

一定期間 食生活も見直すことで体質を改善する、きっかけづくりと考え気軽にチャレンジしましょう。

 

Self Checkプログラムを選ぶ前のセルフチェック

 

体組成とは、体重の構成のことで、

体脂肪(皮下脂肪、内臓脂肪)、筋肉(骨格筋、平滑筋、心筋)、骨、水分など、体を構成する成分のことをさします。

従来の体重やBMI値といった肥満度を測る目安に加えて、

近年では「健康的な体づくりを」という観点から、ただ体重を減らすだけでなく、

きちんと栄養をとりながら、筋肉量や体脂肪のバランスを整え、健康を増進するウェイトマネジメントが注目されています。

まずは、適正体重、BMI値をチェックし

ご自身に合ったヘルスマネージメント プログラムをお選びください。

 

 

 

 

Program各プログラムと
バランスコンプリートの使い方

ヘルスマネージメントプログラムでは、

一人ひとりの痩せる目的や理想とする体形に合わせて最適な「痩せ方」を知ることで、リバウンドしにくい体を目指します。

プログラムによってバランスコンプリートを継続する期間が異なります。

ご自身のセルフチェックをもとに、各プログラムを参照ください。

一定期間 食生活も見直すことで体質を改善する、きっかけづくりと考え気軽にチャレンジしましょう。

バランスコンプリート

 

Shape-up Program無理なくゆっくり、
身体をちょっと引き締める
シェイプアップ プログラム

気になるところをちょっと引き締めたい。

しなやかな筋肉、ハリとうるおいある若々しさをキープしたい。

食事を楽しみながら、体を引き締めたい方へのプログラム。

1日1食をバランスコンプリート置き換えをまずは3ヶ月続けましょう。

ヘルスマネジメントプログラム
ヘルスマネジメントプログラム
【バランスコンプリート】

  1日に1袋 ( 置き換え)

【ニンシアレッド】

  1日に50ml

【マスターフォーミュラ】

 1日に1袋

【ウォーキング】

  毎日7,000歩は最低限歩く

 

Semi-metabo Program無理なくゆっくり、
メタボ間近な方のための
プログラム

健康診断で気になる数値がある。

体重が気になり、友人や家族から健康を心配されている方向けのプログラム。

1日1食をバランスコンプリートおきかえをまずは3ヶ月続けましょう。

ヘルスマネジメントプログラム
ヘルスマネジメントプログラム
【バランスコンプリート】

  1日に1袋 ( 置き換え)

【ニンシアレッド】

  1日に50ml

【マスターフォーミュラ】

  1日に1袋

【ウォーキング】

  毎日7,000~10,000歩は最低限歩く

 

Metabo Program無理なくゆっくり、
メタボな方のための
プログラム

医師から健康管理を注意されている肥満体質の方。

お腹周りをなんとかしたい方向けプログラム。

1日1食をバランスコンプリートおきかえをまずは3ヶ月続けましょう。

ヘルスマネジメントプログラム
ヘルスマネジメントプログラム
【バランスコンプリート】

  1日に1袋 ( 置き換え)

【ニンシアレッド】

  1日に50ml

【マスターフォーミュラ】

  1日に1袋

【ウォーキング】

  毎日7,000~10,000歩は最低限歩く

 

BALANCE COMPLETE
EXERCISEバランスコンプリート
エクササイズ

ビタミン・ミネラル・大豆プロテインが、しっかり摂れるバランス栄養食のバランスコンプリートで、
一食置き換えのヘルスマネジメントプログラムを実施中の会員様に向けて、プログラム中におすすめのエクササイズ動画をご紹介します。

有酸素運動とエクササイズがセットの運動をプログラム中、毎日継続することにより理想的なからだづくりに近づけるようになります。

スポーツ医科学に精通した本橋恵美さんによるヨガ・ピラティスを組み合わせたエクササイズ、ぜひチャレンジしてください。

本橋恵美

EMI MOTOHASHI
本橋 恵美

一般社団法人
Educate Movement Institute
代表理事

株式会社 E.M.I. 代表取締役

National Academy of Sports Medicine Performance Enhancement Specialist

 

障害予防と機能改善を目的としたコンディショニングトレーニングをコーチングする。

また運動療法として活用できるヨガ・ピラティスの指導者資格認定し,スポーツ医科学に精通したトレーナーの育成事業を展開。

スポーツ整形外科医による「スポーツ医学アカデミー」主宰、大阪大学大学院 医学系研究科 スポーツ医学教室とヨガ・ピラティスについて共同研究中。

 

【著書・寄稿】

『スポーツに効く!体幹トレーニング』(スキージャーナル社)

『Core Power Yoga CPY ®︎メソッド』(ベースボールマガジン)

『身体機能が 10 歳若返る大人の体幹トレーニング』(永岡書店)

『ゴルフのためのヨガ』(STUDIO TAC CREATIVE)

『40代からの体幹ビューティ・メソッド』(S Bクリエイティブ)

『運動器スポーツ外傷・障害の保存療法』(南光堂)

『スポーツ整形外科学〜アスリートを支えるクリニカルスタンダード〜』(文光堂)など多数

【指導実績】

・ラグビー日本代表

・ラグビーセブンズ日本代表

・ラグビー:近鉄・日野・IBM・東海大学・明治大学・専修大学・関東学院大学・東京大学

・プロ野球:梶谷隆幸・内川聖一・杉内俊哉・下柳 剛・石井琢朗・他

・アルピニスト 野口健

・柔道 松本薫

・歌舞伎 松本白鸚

 

 

BALANCE COMPLETE
CALENDARダイエットの目的を明確にしましょう

プログラムとともにバランスコンプリート カレンダー(PDF)をご用意しております。

「なりたい自分」と「目標達成」を具体的にバランスコンプリート カレンダーに記入することがポイントです。

毎日見直して、達成した後の喜びをイメージしながら頑張ってみましょう!

バランスコンプリート カレンダー
バランスコンプリート カレンダー

 

 

 

 

 

 

食事
食事

 

 

ヘルスマネジメントプログラム

「糖質」x 「タンパク質」 x 「脂質」

 

現代人は米飯や小麦粉から作られたパンやめんを主食にしているため、糖質をエネルギーにしています。

しかし、人の体は、糖質だけでなく、脂質やタンパク質もエネルギー源として使います。

むしろビタミンやミネラルがあまり含まれていない糖質よりも栄養がしっかりとれます。

また、たんぱく質とよい油はエネルギー源 カロリーが多くても太りません。

ここでは、ヘルスマネージメント プログラムの
「糖質制限」、「タンパク質の推奨摂取量」、「ダイエット中の良い脂質」などについて解説します。

 

Low-carb糖質の制限コントロール目安

糖質の制限コントロール目安

 

糖質と太る仕組み

糖質を制限すると、なぜ痩せるのでしょうか。それは、からだが脂肪を燃やしてエネルギー源をつくるようになるからです。

糖質を多く摂ると、糖を分解したブドウ糖がエネルギーとして使われます。

しかし、糖質が入ってこなくなると、からだは脂肪を燃やして、ケトン体というエネルギー源を利用するようになります。

脂肪をどんどん燃やす回路が活性化されることで、痩せるサイクルが回りだし、どんどんスリムなっていくのです。

また、糖質を減らすと痩せるだけでなく、体調面でもさまざまなメリットがあるといわれています。

肥満と糖質、油との関係は現在進行形で研究が進み、数年前の常識がくつがえされることも多々あります。

2017年、世界的に権威のある論文が「ランセット」で発表され、死亡率に関わるのは油ではなく糖質であることも発表されました。

ヘルスマネージメント プログラムでは下記を目安に糖質を摂取する様にしましょう。

 

 

1日の糖質量目安と食事の目安

 

 

糖質とは、栄養学的に「炭水化物から食物繊維を除いたもの」のことをいいます。

糖質には中毒性があり、現代人は摂りすぎの傾向から、病気の原因ともいわれているため意識的に減らすことが重要です。

糖質は、果物やスイーツなどの甘いものだけでなく、米、パン、麺類など主食である炭水化物に多く含まれます。

また芋類も注意です。ただし、糖質だけ減らしても栄養不足になりかねません。

筋肉量は落ちずに引き締まったからだや美容効果があるタンパク質(肉や魚)、ビタミン、ミネラルが
豊富な野菜のおかずをしっかり食べることが糖質過多から脱して必要な栄養素をとる最善の方法といえます。

また、良質な脂質をとることで、体脂肪の燃焼を加速させます。

昔は、「油っぽいもの」「カロリーが高いもの」がダイエットの敵と言われていましたが、
医学的に太る原因はカロリーや脂肪でなく、糖質であることがわかってきました。

食べ方を知れば、しっかり食べても健康で引き締まったからだになります。

 

 

Protein体重 x 1.3 gのタンパク質の摂取

 

体重 x 1.3 gのタンパク質の摂取

 

体重1kgに対しタンパク質1.3gをとりましょう。

肉や魚、卵、大豆食品(バランスコンプリート)を組み合わせることで脂質、ビタミン、ミネラルまでカバーできます。

肉には、筋肉や血液など、体をつくる材料となる良質なタンパク質が豊富です。

体内では合成できない9種類の必須アミノ酸がすべてバランスよく含まれています。

魚もタンパク質とミネラルの宝庫。青魚には必須脂肪酸であるオメガ3がたっぷり。

糖質を控えて、タンパク質と良質な油をしっかりとることは、体に必要な栄養を満たす効率のよい食事方法です。

肉、油などのカロリーが高いものを食べても心配いりません。

近年アメリカの国民健康栄養調査では「摂取カロリーの増加と体重増加には相関関係はない」というデータも発表され、
カロリー制限によるダイエットは過去のものになりつつあります。

 

 

1日の推奨タンパク質摂取量

 

 

Oilsダイエット中の良質な脂質とは

油の役割は、エネルギー源、ホルモンの合成、細胞膜になる、などとても重要です。

ダイエット中は摂取カロリーが減るため、代謝が落ちやすくなります。

筋肉を維持して代謝を上げるためには、油を多めに摂ることが大切です。

また、炭水化物を減らしながらからだによい油を摂ると、食事の満足度もアップします。

オイルは血糖値を上げないので、食事で摂るオイルに制限はありません。特にからだによいオイルは積極的に摂りましょう。

 

 

2016年の研究では、エキストラバージンオリーブオイルを食前に摂ることで食後血糖値を50mg/dl以上下げることが報告されています。

亜麻仁油、ココナッツオイル、オメガ3などは血中の中性脂肪を下げるなどの健康効果が期待できます。

動物性脂肪はコレステロール値が高いと敬遠されがちです。

しかし2015年に日本動脈硬化学会が食事によって体内のコレステロール値は大きく変わらないと発表し、コレステロールの摂取上限が撤廃されました。

動物の油の主成分はオレイン酸で、オリーブオイルの主成分と同じです。

つまり、動物性の油は安全性が高く、太る原因になりにくいのです。

バターや牛脂などもしっかり食べるようにしましょう。

魚の油は筋肉の維持、代謝アップにつながります。

 

オメガ3などの魚の油は筋肉の維持、代謝アップにつながります。

よい油は摂った方がいいという科学的裏付けも多く報告されています。

権威ある雑誌「ニューイングランドジャーナルオブメディスン」に掲載された論文によると、
油を控えたグループと、オリーブオイルを週1リットル摂ったグループとで比較研究を行いました。

5年間の動脈硬化発生率を比較したデータの結果、オリーブオイルを摂った群のほうが、動脈硬化発症率が30%も低いことがわかりました。

 

ヘルスマネジメント中に意識する4つのこと

糖質を減らしましょう

糖質を減らしましょう

糖質制限は、健康的に体脂肪を減少させるための一番の近道です。

糖質を減らすと痩せることはもちろん、生活習慣病の予防などさまざまな健康効果が期待できます。

糖質量を知り、3食に分けて少しづつ減らす、一日1食ごはん、パンなどの主食をとらない、など自分で取り入れやすい方法を見つけてください。

スナックやケーキの代わりにチーズやゆで卵、スティック野菜など、糖質以外の血糖値を上げない食品に置き換えましょう。

野菜やタンパク質、良質な油を最初に食べてから糖質を食べると血糖値の上昇がゆるやかになります。

野菜を増やしましょう

1日の野菜摂取量の目安は一日350g、両手に乗る程度を目安にしてください。

野菜は抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、代謝を上げてウェイトマネジメントを加速する強い味方です。

からだの免疫システムを活性化する働きもあります。

糖質の多い野菜(芋類、カボチャなど)は控え、緑黄色野菜、淡色野菜、キノコ類などを多品目食べましょう。

ドレッシングについては、よいオイルは積極的に摂りたいのでノンオイルにこだわる必要はありません。

腸内環境をよくしましょう

水溶性食物繊維は「善玉菌」のエサになります。

毎日適度にとって痩せ体質を目指しましょう。

不溶性食物繊維にも、多くのメリットをもたらします。

保水性が高いので、お通じを改善したり、ビフィズス菌などを増やす効果があります。

キノコ、豆類、海藻にも含まれます。よく噛んで、腸の負担を減らしましょう。

善玉菌が作る短鎖脂肪酸で、痩せ体質になっていきます。

空腹を楽しみましょう

空腹を楽しみましょう

空腹タイムは長ければ長いほど、体脂肪を燃やしてエネルギーに変えてくれる、痩せるためのゴールデンタイムです。

脂肪からエネルギーを多くつくるため、体重が減りやすくなりデトックス効果も高まります。

頭も冴えて良い発想がどんどん浮かびやすいと言われています。

脂肪や老廃物も減らしてくれる空腹タイムは、午前と午後、2時間以上つくると効果的です。

お腹がすいたらコップ一杯の水を、それでも我慢できないときはナッツやチーズなど、糖質以外の間食をとりましょう。

 

BALANCE COMPLETEバランスコンプリート

バランスコンプリート

バランスコンプリート
製品番号:39052

内容量:1箱 15袋入り

会員価格: 7,938円

PV: 51.25