内側からキレイ☆乳酸菌のおはなし。

0 2019-08-09 - ライフスタイル

内側からキレイに☆乳酸菌について

乳酸菌ってなに?

乳酸菌は腸内の環境を整えて免疫力を高めるなど、人に有益な働きをする微生物(菌類)です。オリゴ糖などの糖を発酵させて乳酸を作り出す微生物で、動物の体内や自然界などあらゆるところに存在します。また、乳酸菌は善玉菌といわれ、補うことで腸内の悪玉菌を減らし腸内菌のバランスが改善されます。

乳酸菌の種類は200種類以上

乳酸菌は乳酸をつくる微生物の総称です。大きくは球菌と桿菌(かんきん)に分類されます。味噌や醤油、お酢、ぬか漬け、キムチ、納豆、チーズなどの発酵食品には、乳酸菌が豊富に含まれているので積極的にとりましょう。

 

乳酸菌はなぜカラダにいいの?

乳酸菌ってきくと「腸にいい!」ってすぐ思い浮かびますよね?でも他にも様々な活性が期待されています!

・腸内細菌のバランスを整える

有害なはたらきをする悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やす

・便秘解消

緒の働きを活性化し消化吸収を促進し排便を促す

・肌のトラブル解消

肌あれの原因になる便秘を解消

・コレステロール低下

コレステロールと結びついて排出するため血清コレステロールが低下する

・肝機能の向上

乳酸菌が有害物質を吸着し、肝臓への負担を軽くする

・免疫力を高める

免疫機能の一部を担うマクロファージを刺激することで抵抗力をつける

 

注目のプロバイオティクス

プロバイオティクスとは腸内フローラのバランスを改善することで人に有益に働く生きた微生物のことです。その候補には乳酸菌、ビフィズス菌が挙げられています。食品から安全にとることができ、生きたまま腸に届いて繁殖できる菌であることが重要です。

 

生きた乳酸菌

ほとんどの菌は胃酸によって死滅します。死滅しても善玉菌のエサになったり食物繊維のような働きをするのですが、生きたまま腸に届くものを選ぶことで腸内に住みつく善玉菌を増やすことができます。

 

腸内環境は人によって個人差があり、どれくらい乳酸菌を食べ続けたら腸に定着するかは一概にいえません。ですから、毎日とり続けて、時々自分で腸の調子をチェックするのも大切です。

 

 

※本ブログのコメント欄はコミュニティースペースとしてぜひご活用ください。ご質問やお問い合わせはヤング・リヴィング(0570-056-054)までご連絡をお待ちしております。If you have any questions, please don’t hesitate to get in touch. Tel:0570-056-054

シェア