ヤング・リヴィング新社長 ジェレッド・ターナー インタビュー:Part 2

3 2018-04-23 - お知らせ

ジェレッド・ターナー インタビュー:Part 2

ジェレッド・ターナーの独占インタビュー:Part 2をお届けします。ヤング・リヴィングが大きな躍進を続けているこの大切な時期に、ジェレッドの強いリーダーシップと彼の明確なビジョンを再確認いただけることでしょう。ジェレッドの家族、またゲリー、メアリー・ヤング夫妻との絆などについてご覧いただけるPart1はこちらからどうぞ☆→http://bit.ly/jaredyl

 

*************************

インタビュアー(以下、EEN):YLの新社長として、会員の皆さんに伝えたいことはありますか。

ジェレッド・ターナー(以下、JT):なんといっても、ヤング・リヴィングが信頼できるということです。私たちは会員の皆さまの信頼に応えるため、創業以来変わることのない理念とゲリーのビジョンを大切にし、そのビジョンの実現にひたすら情熱をかたむけることで、今後数十年に渡り、一層高いレベルへと当社を発展させていきます。決して変わることのない姿勢、それは「品質へのこだわり」です。世界最高水準の製品を世に送り出すことへの真摯な取り組み、そして情熱を貫いていきます。会員ファーストの姿勢も決して変わることはありません。植物の栽培を重視する姿勢もまた同様です。

私たちがどれほど会員の皆さまを大切に考えているかぜひご理解ください。ヤング・リヴィング・ビジネスで成功した方々による支援活動を目の当たりにするほど、私にとって嬉しいことはありません。ヤング・リヴィング会員の皆さま一人ひとりが困っている人々を思いやる心こそ、ヤング・リヴィング基金の原動力です。ネパールでの住宅建設、カンボジアで人身売買の被害にあった子供の救出、エクアドルでの貧しい子供の教育支援、ウガンダのスラム街ではホームレスの子供達を支援するなど、ヤング・リヴィング基金による人道支援プロジェクトは強力且つ多岐にわたって続けられています。それを支えるヤング・リヴィング会員の皆さまは、実に素晴らしい心の持ち主だと確信しています。

EEN:ヤング・リヴィングの新社長として、当社の将来についてどのようなビジョンをお持ちですか。

JT:当社の理念を大切にし、人はそれぞれ違っているという事実を決して忘れない姿勢を貫きたいと思っています。理念を大切にするとは、ピュアな製品、先駆的な研究、新しい植物製品の探求、新製品の市場投入、新たな農場の建設などを通じて、尊い信念を貫くことです。私はヤング・リヴィングをさらに成長へと導き、次のレベルへと育てたいと考えています。そして多くの人々に力を与え続けたいと思っています。目標の達成に向けて努力を続ける会員の皆さまを後押しし、当社のスタッフにも、夢を実現するための力を与えたいと願っているのです。

また、農場をさらに増やすこと、そしてより多くの農場とパートナーシップを結ぶことにも情熱を持って取り組んでいます。自社農場とパートナー農場がともに増えれば、会員がより多くの農場とのつながりを持つことができます。農場にいると、人々の暮らしが移り変わっていく様子が鮮明に見えてくる――それが農場の素晴らしさです。会員の皆さまもぜひ農場へ足を運び、自然とのつながりを実感してください。例えば、手を泥だらけにしてラベンダーを植える、花の収穫を手伝う、さらには抽出のプロセスを手伝うこともできます。こうした特別な体験を通じて、当社の「Seed to Seal」プロセスの一端に身をもって触れることができるでしょう。

EEN:エグゼクティブ・チームで働いたことで得た経験のうち、ヤング・リヴィングの社長としての役割を果たすうえで役に立ちそうなことはありますか。

JT:私はヤング・リヴィングで、過去6年間にわたり、エグゼクティブ・チームの一員として働いてきました。その6年間には、紆余曲折ありました。悔しい想いをしたこと、また大成功を遂げたこともありましたが、チームは常に一丸となって困難を乗り越えてきました。私がヤング・リヴィングに入社した年の年間売上はおよそ1億8,000万ドルでしたが、今や10億ドル規模へと成長しています。こうした過程の中で、会社を飛躍させ、成長を維持することについて、多くを学びました。

EEN:最後にもうひとつ、楽しい質問をさせてください。お気に入りのヤング・リヴィング製品は何ですか?その製品は社長というあなたの新しい役割にとって、どのように役立つと思いますか。

JT:シュートランです!毎朝シュートランをつけていますし、1日に何回も使っていますよ。香りが好きで、背景のストーリーもお気に入りです。ゲリー自身が執筆したアドベンチャー小説『ザ・ワンギフト』の主人公シュートランがネーミングの由来ですね。ゲリーはこの小説のなかで、主人公シュートランの人物像を描いています。それから、ヤングヴァラーも好きですね。前途にどんな障害が現れても立ち向かえるという勇気を与えてくれます。

*************************

ジェレッドの親しみやすい人柄と他に類を見ないリーダーシップによって、ゲリー、メアリーを始めとする世界中のヤング・リヴィングファミリーの皆さまと共に、ヤング・リヴィングがさらなる成長を遂げていくことを楽しみにしています!

 

 

 

※本ブログのコメント欄はコミュニティースペースとしてぜひご活用ください。ご質問やお問い合わせはヤング・リヴィング(0570-056-054)までご連絡をお待ちしております。If you have any questions, please don’t hesitate to get in touch. Tel:0570-056-054

シェア

コメントなし

コメント欄

* コメントは承認制のためすぐにコメント欄に表示されない場合があります。また、ヤング・リヴィングのコンプライアンス遵守の観点から、いただきましたコメントを編集・削除する場合があります。ご了承ください。ヤング・リヴィングのブログを快適にご利用いただくために、ヤング・リヴィングの規定および法令を遵守していただきますようお願い申し上げます。