ヤング・リヴィング自社農場

フィンカ・ボタニカ・アロマチカ農場

エクアドル農場(グアヤキル)

蒼々と生い茂る約2,000エーカーの農地を誇る、フィンカ・ボタニカ・アロマチカ農場では、その肥沃な土壌と一年中太陽が降り注ぐ絶好な気候が、レモングラスやルタに並んで、パロサントの木や幾種類もの香り高いハーブやその土地特有の植物が豊富な収穫を支えています。この農場は世界中の至る所で品不足が心配されている植物、例えば元気を与えてくれる特性で有名なヘリクリサムなどの生育にもとても適しています。

新しいエッセンシャルオイルの発見

密生したジャングルが農場の周囲を囲み、エッセンシャルオイルの研究開発のために自然の研究室をつくっています。創設者ゲリー・ヤングは定期的にジャングルの中を冒険してサンプルの植物を植えています。それらの植物は成分分析にかけられています。ひとたび新しいヤング・リヴィングのエッセンシャルオイルが発見されたら、その植物は農場で栽培されて蒸留されるか、または継続的に収穫できるように維持しつつ収穫されます。

下記のエッセンシャルオイルはこのようにして開発されました。

恒例のアマゾン・アドベンチャー

ゲリー・ヤングとヤング・リヴィングのディストリビューター達は、毎年恒例のアマゾン・アドベンチャーに参加するためにグアヤキルへと旅立ちます。この一生に一度の体験旅行では、ジャングルの中を歩くガイド付きツアーや、フィンカ・ボタニカ・アロマチカの広大な農場と蒸留所を巡るツアー、エッセンシャルオイルのトレーニングなど、たくさんの貴重な体験が出来ます。