ニュース

ヤング・リヴィング製品を正しくシェアリングしましょう

以前もご案内申し上げましたが、製品の特徴や使用した時の効果について、薬事法に抵触する表現で勧めるケースが見られるようです。皆様におかれましてはそのような表現をしないように再度ご注意申し上げます。ご存知の通り、ヤング・リヴィングでは、ホールセールメンバーになられた方に会員番号とともに「規定」をお渡ししており、その中には下記のように記載されています。
治癒、治療、または処方にかかわる主張を避けなければなりません。またいかなる形であれ、その中で疾患人体組織、または疾病を列挙することはできません。成功体験談は以下の内容にとどめなければなりません。例)「わたしはエッセンシャルオイルを利用して健康を維持してきましたので、これを強くお薦めします。」ホールセール会員が、文書形態で体験談を伝える場合には、書面により当社(ヤング・リヴィング)から許可を得る必要があります。
上記内容は書面だけでなく、口頭での体験談でも、ネット環境上でも遵守して頂く必要があります。特にSNSの影響は大きく、親しい友人だけに宛てたつもりの情報が、予想もしなかった程拡散してしまう危険性が指摘されています。上記のような表現はフェイスブックやツイッターなどのSNSやホームページ、印刷物など、全ての媒体において、決して掲載しないよう、重ねてお願い申しあげます。