役員紹介

メアリー・ヤング

共同創始者 兼 CEO
メアリー・ヤングはヤング・リヴィングの日常業務において指導的な役割を担い、役員や社員に指針を与えています。また、メンバーたちがヤング・リヴィングのミッション(使命)や存在意義を世界に広めていけるよう、メンバーに助言をしながら教育をし、力づけています。
メアリーは1985年、直売業界でビジネスを始め、2年のうちに月100万ドルを売り上げる組織を作りあげました。メアリーはヤング・リヴィング設立当初から直売業界における素晴らしい知識と経験、そして彼女の強い組織力を活かして、ヤング・リヴィングが世界のエッセンシャルオイル業界におけるリーディングカンパニーになるべく貢献してきました。
メアリーはまた、慈善活動においても重要な役割を担い、ヤング・リヴィング基金を通して世界中の支援活動を率先して行っています。彼女はメンバーたちが健康なライフスタイルを目指して頑張れるように、一人ひとり、そして組織をサポートするというヤング・リヴィングの決意を具現化していると云えます。

ジェレッド・ターナー

セールス&マーケティング最高責任者
ジェレッド・ターナーはヤング・リヴィングのセールス&マーケティング最高責任者です。彼はヤング・リヴィングのグローバル市場の拡張、管理において責任を担っています。ジャレッドは会社の国際化を図る為、海外の支社長達と密接な連携を取りながら業務を行っています。彼は2012年に入社しました。

ケヴィン・ペース

最高財務責任者
ケヴィン・ペースはヤング・リヴィングの最高財務責任者です。彼は経理、予算管理、クレジット、保険、税金、資金を含むヤング・リヴィングの国際的な財務の責任を担っています。ケヴィンは2012年にヤング・リヴィングに入社しました。

マシュー・フレンチ

総合弁護士&企業法令順守責任者
ヤング・リヴィングの経営陣として、マシューは企業統治、薬事、訴訟、契約管理、雇用法を含む法律や法令順守において戦略的な助言をしています。ヤング・リヴィングに入社する前は、民間の法律事務所で民事訴訟や刑事被告人の弁護を専門に扱い、また、アリゾナ州マリコパ郡の次席検察官として職務も果たしました。
ヤング・リヴィングの「健康」「生きる目的」「豊かさ」を人々に広めるという使命を知り、マシューをヤング・リヴィングに勤めることを決めました。彼は入社後直ぐにヤング・リヴィングの企業文化が素晴らしいと幹事、会員の方々のために働こうという気持ちを強く持ちました。
マシューはスポーツ、特に米プロバスケットボールチームのレイカーズが好きです。また、音楽、カラフルな靴下や家族と一緒に過ごすことを楽しんでいます。