パートナーシップ

べス・イスラエル・メディカルセンター


ヤング・リヴィング・エッセンシャルオイルズは、東洋医学と西洋医学の補完関係が重要であると認識しています。西洋の文化では病気そのものの治療に専念していますが、一方、東洋医学の治療法では患者が直面している身体的、精神的、感情的な葛藤にフォーカスを当てて行います。 だからこそ、ヤング・リヴィングはアーバン・ゼン基金やベス・イスラエル・メディカルセンター(BIMC)と提携して、ヨガやアロマセラピーのような東洋の治療法を、従来の西洋医学の治療法に融合することに試験的に取り組み、患者のケアを改善しています。

試験的な取り組みのひとつとして、ヤング・リヴィングの高品質なエッセンシャルオイルを、術後または進行中のがん患者のためのBIMCの病床で、9つのDazianでの患者のケアに取り込まれています。目標は、アロマセラピーのような代替療法で、一般的ながん患者が苦しむ様々な徴候に対処することです。 イランイラン、ペパーミント、ラベンダーとジンジャーのエッセンシャルオイルは、すべて有効と思われる結果を示しています。

オーロラ・オカンポ(BIMC臨床看護士)は、試験的プログラムが始まって以来、患者と看護士にあきらかに違いが現れたことを見出しました。 「患者はすでにとても不快な状態なので、試験的なプログラムにとても熱心に取り組んでいます。これらエッセンシャルオイルは本当に看護士と患者の良い関係を生み出します。 看護士はゆったりとした気持ちになって患者とより多くの時間を過ごすようになるので、看護士と患者双方がリラックスできるのです。」、看護士のオーロラ・オカンポはエッセンシャルオイルについてこう語っています。

By making this link available to users, Young Living is not endorsing the content of the link. Young Living provides this link for informational purposes only.