アジアの農場

Asia

アラビアン フランキンセンスス蒸留施設—オマーン マスカット

ヤング・リヴィングは、オマーンのセイクレッドフランキンセンスを蒸留し、アラブ国外に輸出する許可を得た世界初、唯一の企業です。この地域の「ボスウェリア・サックラ(Boswellia sacra)」という品質は豊かな歴史的背景を持ち、過去5,000年にわたり採取されてきました。この木の樹脂は、今でも同じ方法と段取りで採取されており、何世紀にもわたって物語を紡ぎ続けています。

マイディ フランキンセンス蒸留施設—アラブ首長国連邦 ドバイ

この土地で採れるフランキンセンスは、優美な香りと優れた特長によって古代より崇められてきました。ヤング・リヴィングがこの農場および蒸留所と結んだパートナーシップは、フランキンセンス エッセンシャルオイルの供給において重要な役割を果たしました。

台湾コーポレート農場—台湾 台東県

この農場は、それぞれ異なるオイルを扱う小規模の個人経営農場がおり集まって構成されています。格農場同様、どのオイルにもそれぞれのストーリーと背景があり、技術の保存や生まれた経緯、家族にとっての意味、生産に必要な工夫とイノベーションの歴史を持っているのです。