東京都が取り組むムーブメント 「時差Biz」

1 2017-08-15 - ライフスタイル

「朝が変われば毎日が変わる」

ヤング・リヴィング・ジャパンは、現在、東京都で実施されている快適通勤ムーブメント「時差Biz」に参加しています! 新宿オフィスで働く日本スタッフのQOL(Quality of Life) と生産性向上のため、2016年11月よりフレックスタイム(コアタイム11:00-15:00) を導入し、自身で勤務時間を管理しながらワークライフバランスを実現できるよう努めています。”仕事への取り組み方を自ら設計し、より働きやすい環境で存分に能力を発揮すること” そこから湧き上がるクリエイティブな発想が、躍進を続けるヤング・リヴィングを突き動かす原動力の一つになっていると自負しています。

 

ママをガッチリサポートの時差Biz

社員の85%が女性で、中には子育て真っ最中のママさんも多く活躍しています。ヤング・リヴィングは彼女たちの家族との大切な時間も守っていきたいと考えています。育児を企業がサポートすることでゆとりが生まれ、家庭でも職場でもやりがいや達成感のさらなる充実につながるよう期待しています。

 

イクメンズにも優しい時差Biz

ヤング・リヴィングには、3人以上お子さんがいるイクメンが多数在籍しています。時差Bizで家族と接する時間がどう変わったか、その一例をご紹介します。

《フィールドサポート 高橋勇騎さん》
18才、6才、3才 1才10ヶ月の4人のお子さんを持つ高橋さんは子育て真っ最中♪ 片道1時間半かけて通勤しています。
「どの家庭も慌しい朝の時間はそう変わらないと思います。フレックスが導入される前はあと5分、10分あれば子供たちと話しができたのに・・と思う瞬間が多くありました。今では出張や朝一のミーティングがない日は、幼稚園バスのお見送りをしつつ出勤ができますし、子供たちがテレビの前で元気に踊っているのを横目に身支度ができるようになりました。少しの変化かもしれませんが、毎朝仕事へ向かう意気込みが変わり、私にとって大きな活力となっています。」

3

 

※本ブログのコメント欄はコミュニティースペースとしてぜひご活用ください。
ご質問やお問い合わせはヤング・リヴィング(0570-056-054)までご連絡をお待ちしております。
If you have any questions, please don’t hesitate to get in touch. Tel:0570-056-054

シェア