日本の会員の皆さまへ D.ゲリー・ヤング

13 2017-04-20 - お知らせ

日本の会員の皆さまへ

この度、日本でのセミナー開催に向けて心を弾ませておりましたが、ドクターストップにより苦渋の決断をせざるを得ない結果となりました。 急遽、持病の手術を受ける必要があると聞かされた時、まず頭に浮かんだのは 日本の会員の皆さまです。
決して歩けないわけでも話せないわけでもありません。 私は何度も日本へ行く覚悟を伝えましたが、その願いは叶いませんでした。 私自身、皆さまに直接お会いして、感謝の思いを伝える機会をどれほど心待ちにしていたか知れません。

日本でのセミナーに参加できないことが決定した以上、私に会うために大変な思いをして時間を作ってくださった皆さまのためにも、できる限りのことをしたいと考えました。 そこで私が絶大な信頼を置く熱き情熱の持ち主、最高科学責任者(CSO) の Dr.マイク・ブックへ託すこととなりました。

躍進を続けるヤング・リヴィングを新たなステージへと押し上げる先駆者的な存在のブック博士は、皆さま自身がより確信を深めるための情報を数多く提供してくれることでしょう。その結果が皆さまのビジネスをさらなる高みへと導くことにつながるのです。


<Dr.マイク・ブック>

ヘルス&ウェルネス業界で25年を超える経験と数々の実績を持つ。品質管理/品質保証の分野からキャリアを積み、最終的には分光学、クロマトグラフィー、顕微鏡検査を専門とする高度分析研究所を設立。世界有数企業で高度な化学部門を30年にわたり指導。年間売上30億ドルにのぼる健康食品の開発を牽引し、今や100カ国以上で販売。
医療分野における数多くの特許を取得。書籍の出版および科学雑誌への論文掲載など多数の実績を持つ。 グローバル政策科学研究所、アメリカ科学振興協会等、いくつかの有名団体に所属。University of DelawareのFranklin and Marshall Collegeで化学の学士号、Analytical ChemistryでMSとPhDの学位を取得。
彼の深い専門知識や科学界とのつながりにより、ヤング・リヴィングの 様々な分野における一流科学者との共同作業を可能にしている。

 

彼は突然の依頼にも関わらず日本行きを快諾してくれました。今にも日本へ飛んで行きたい私の想いをすぐに察し、日本でのセミナー開催に 大きな意欲と決意を持って望むと話しています。そしてマイク自身も、 皆さまにメッセージをお伝えできるチャンスにとてもワクワクしています。

私の心は皆さまと共にあります。日本でお会いできる日を心より待ち望んでいます。

 

ヤング・リヴィング創設者
D.ゲリー・ヤング

 

 

 

※本ブログのコメント欄はコミュニティースペースとしてぜひご活用ください。
ご質問やお問い合わせはヤング・リヴィング(0570-056-054)までご連絡をお待ちしております。
If you have any questions, please don’t hesitate to get in touch. Tel:0570-056-054 

 

 

シェア

2 コメント

  • 秋山リエル 2017-04-20 - 3:55 pm 返信

    ゲリーさんにはお会いしたいし、まだお会いしていない会員さんには、ぜひあのステキなパワーを感じていただきたい気持ちは強いですが、
    それと同じだけゲリーさんの健康が大事なのは、すべての会員さんが思っていることだと思います♪
    最高最善の快癒をお祈りしております。

    追伸:公式ブログ、いつも楽しく読ませていただいております。
    役立つ記事をありがとうございます☆

  • 花井 望 2017-04-20 - 4:37 pm 返信

    ヤング博士、どうぞ、お身体を大事になさって下さい。また、ぜひ療養に励んでいただき、すっかりお元気になって、次回お会いできる日をこころより楽しみにしております。博士がお元気であれば、必ずまたお会いできると確かな希望を持っております。ご家族の皆様の愛と博士を愛する方々の愛と共に、博士がお健やかになられますように、こころよりお祈り申しております。
    そして、ヤング博士が信頼を置くドクターマイクの来日セミナーもまた楽しみにしております。
    関わる全ての方々が、健やかになられ、喜びの日々を過ごされますように!

  • コメント欄

    * コメントは承認制のためすぐにコメント欄に表示されない場合があります。また、ヤング・リヴィングのコンプライアンス遵守の観点から、いただきましたコメントを編集・削除する場合があります。ご了承ください。ヤング・リヴィングのブログを快適にご利用いただくために、ヤング・リヴィングの規定および法令を遵守していただきますようお願い申し上げます。