ゲリー・ヤングからの特別メッセージ

19 2017-01-13 - お知らせ

ヤング・リヴィング会員の皆さんへ

私は心臓治療の手術プロセスを決定するための最終検査を終え、ブリティッシュ・エアウェイズ194便でヒューストンからロンドンに向かっています。これは2016年6月21日から始まっているとても長い道のりです。実は、コンベンションの前日に騎乗一騎打ちの練習をしているときに右手を痛めてしまい、再生のための手術を受けることになったのですが、手術後の中心静脈カテーテルの差し込みで不具合が生じてしまったのです。

メアリーが配信しているレターを読まれ、私の状況をご存じの方々も多いことでしょう。しかし、あらためて私の言葉で皆さんに今回の経緯を語り、今、私が感じている喜びと今私が何を考えているのかを分かち合いたいと思います。

 

6月の手術の翌日から、背中に軽い痛みを覚えるようになり、この痛みは次第に強くなっていきました。手術の2日後、痛みは耐えがたいものとなり、午前2時にメアリーに連れられて病院に向かいました。呼吸が困難になっていました。酸素飽和度は72%まで落ちており、意識を失いかけていました。実は右手の手術のあとに、中心静脈カテーテルでビタミンとミネラルの投与を受けたのですが、このカテーテルが誤って心臓に当たってしまい、不整脈を引き起こし、心臓と両肺付近の肺動脈が閉塞してしていたのです。これは7月1日に入院したときにやっとわかりました。

7か月にわたって闘病生活がはじまりました。8月4日には、感染症の専門医の診断で別の問題が見つかりました。数回の検査を行った結果、寄生ウィルスによるシャーガス病の兆候が見られるというのです。これは6年前にペルー西部のジャングルで芳香植物を探していたときに、虫に噛まれて感染していたものでしょう。シャーガス病はとても危険な病気で、現地のジャングルでは年間1万人以上の人が命を落としています。

幸いなことに、友人であるオリバー・ウェンカー博士から多大な助力を得て、ヒューストンで診断を受けることになりました。MDアンダーソン病院に4回訪れ、精密検査と診察を受けました。また、心臓と肺の専門医療センターで知られるメソジスト病院を2回訪問し、それぞれ7~10日間入院しました。さらに、ユタ大学病院には2回お世話になり、3日間と5日間入院しました。そのうちの1回は牧場からヘリコプターで急患空輸されています。

私は2011年1月にも病院で誤診断を受け続けたことがあります。マラリア、肺炎、デング熱、ライム病、アジソン病と診断されて治らず、最終的に「不明のウィルス」が原因と診断されてやっと4か月後にユタ大学病院の感染症病棟から解放されました。しかし、問題はその後もつづき、収束したという感覚がありませんでした。咳き込みは慢性的になり、呼吸は短くなっていました。

私を診察した医師は「いったいどうやって生きているんですか」と驚きを隠せない様子でした。「肺塞栓で死んでいたかもしれませんよ。胸水を伴う肺高血圧症でも助かりません。心臓に凝血塊ができたり、一過性脳虚血発作が起こっていますから。」

一時は医師も見放したような状態でした。が、今では、肺に凝血塊もなく、胸水も肺高血圧症もなくなり、私の肺は完全に回復したことが確認されています。なんと嬉しいことでしょう。2つの大手病院で私の回復が記録されています。

「心臓に凝血塊もなく、ヘモクロマトーシス(血色素沈着症)もなくなり、肺も回復しています。これは奇跡です。」と医師は私の回復力に驚いていました。

そして今、私は病から解放されて、飛行機に乗っています。私の喜びと感涙をご想像いただけるでしょうか。数え切れない祈りを捧げてくれた方々に、そして神様の恵みに対して、感謝したい気持ちでいっぱいです。長い間、私の回復のためにお祈りくださった方々に心から感謝いたします。私の命が助かったのも、皆さんと神様のおかげです。私はこの世でもっともパワーに満ちあふれたものは、祈りの力と、愛と、神様が与えてくれた自然の恵みであると信じています。

 

そしてもうひとつ、長い闘病生活の中で感じたことがあります。

心臓病学の研究センターを何度か訪れたときに、そこで出会った看護師の方は、純粋なエッセンシャルオイルを見つけることはとても難しいと語っていました。ある会社から純粋と称するオイルを購入しましたが、娘に使ったみたところひどい湿疹ができ、入院することになったそうです。後にこのオイルをラボで解析してもらうと、合成物質で増量されていることがわかりました。この看護師の方は真実に出会えますようにと神様にお祈りしたそうです。その数日後に、心臓の検査のために訪れた私に出会ったというのです。なんと彼女はその日は非番でしたが、別の看護師の方が病欠となり、出勤していたのです。

 

ヤング・リヴィングに出会えたこと、皆さんのすばらしい仲間達に出会えたことに感謝しましょう。この出会いがあったから、皆さんの人生は豊かさを増したのではないでしょうか。

新しい年を迎えた今、神様が作り上げたものに感謝する時間を作ってください。本物を敬い愛おしむ気持ちを忘れないでください。安いからといって安易に偽物に走らないでください。神様が与えてくれた純粋な自然の恵みを、ただお金儲けのために異物を加えて販売している人たちのことを聞くことがあります。そんな時私はとても悲しい気持ちになります。

エッセンシャルオイルの需要はすでに全世界の産出量を超えているため、オイルを希釈して売りつけるサプライヤーがたくさんいます。私はそのような行為を決して許しません。それゆえに、不純なオイルを排除するために数百万ドルをかけて最新鋭の研究施設を整備し、厳しい検査を実施しています。初期の頃は、私が自分でオイルの匂いを嗅いで判断することもできましたが、現在の規模はあまりにも大きくなり、私がいつもお手伝いできるともかぎりません。私たちの品質管理部門は日々厳格な精査を行い、皆さんに最高品質のものをお届けできるように努力しています。

私たちの研究ラボはエッセンシャルオイルの解析分析では世界の最先端技術を有し、過去に販売してきたエッセンシャルオイルのサンプルを集めた ライブラリーも充実しています。これらは買おうと思っても買えるものではありません。必要なラボ設備を建設し、スタッフが見本として使えるように、文字通り数百万を超えるエッセンシャルオイルの分子をライブラリーとして揃えるためには、長い年月を要します。

 

私たちは、高級車、ボート、別荘、豪華旅行などにお金を投入しません。土地、農業機材、蒸留装置、研究ラボ、保管庫、インフラなどに投資します。ヤング・リヴィングは、自社農場においても、パートナー農場においても、その蒸留施設が「 SEED TO SEAL (種の選定から製品化まで) 」のプロセスを完全に遵守している世界で唯一の企業です。パートナー農場がヤング・リヴィングと契約するときは、私がかつて蒸留施設や農場をつくるときに確立したヤング・リヴィングの厳格な基準を適用することを約束します。ヤング・リヴィングは新進気鋭の次世代のリーダーを育てるために、未来への投資をつづけているのです。

 

私たちがエッセンシャルオイルの世界的リーダーであると豪語できるのも、私が28年前からこのような基盤を築き上げてきたからです。ネットワーク・マーケティングという手法でエッセンシャルオイルを世界中の人々に販売したのは ヤング・リヴィングがはじめてです。これはまったく前例のないことです。私たちは市場を開拓し、研究をつづけ、その成果を発表してきました。

「SEED TO SEAL」のプロセスを採用しているのはヤング・リヴィングだけであり、農場の開拓からはじまり、蒸留施設の建設、加工、ボトリング、出荷、スタッフ教育までの全工程を管理しているのはヤング・リヴィングだけです。各種のオイルを調合し、ブレンドオイル入りのサプリメント製品を提供しているのも、ヤング・リヴィングがはじめてです。大学の研究機関を通して、継続的な臨床研究や論文調査を実施しているのも、ヤング・リヴィングがはじめてです。

 

私たちは着実に成長をつづけており、毎月の成長率は10%を超えています。いくつかの特許と数多くの商標を取得しており、革新的な新製品の開発を進め、ユタ州の2015年優秀賞も獲得し、ユタ州で3番目に商標登録の多い企業となっています。

また、ヤング・リヴィング基金は寛大な会員の方々から寄付を募り、開発途上の 国々の貧しい人たちに教育や健康 を提供しています。カンボジアでは、子供や女性を人身取引から救済し、すでに千人以上の人たちが社会復帰に成功しています。ウガンダでは、マラリアやツツガムシ病と闘い、医療クリニックや健康教育のための学校を設立しています。さらに、クロアチアでは孤児施設を支援し、エクアドルでは学校や健康施設をサポートし、ネパールでは住居や学校を建設しています。これ以外にもプロジェクトはたくさんあります。

芳香植物の栽培や蒸留の独自メソッドの開発では30年以上の実績があり、世界の12か国以上に15を数える自社農場とパートナー農場をもち、数百人を現地で雇用し、地域社会の経済発展に貢献しています。

 

農場の開発であれ、ビジネス市場の開拓であれ、各地の法令や業務基準を遵守し、スタッフや会員に正しい方法を教育 しています。

ヤング・リヴィングは言葉ではなく、行動によって模範を示します。
ヤング・リヴィングは他社を中傷したり、偽りの約束で他者の会員を勧誘したりすることもありません。
ヤング・リヴィングはエッセンシャルオイルの純粋さを守り、自然を尊重した独自の製品を開発します。

 

ヤング・リヴィングは確かに「世界的なリーダー」と呼ばれるようになりましたが、この言葉を使うときに、もはや但し書きや解説は不要です。謙虚な姿勢を示し、神様と隣人たちに感謝を示していきましょう。人の意見は尊重し、それぞれが進む道の歩みを励まし、支援してあげましょう。

世界各地にある支社には、指導力を発揮するすばらしい人たちがいます。かつて見られなかったような力強さと調和が広がっています。私たちは常に経験している「産みの苦しみ」は、世界のリーダーの証しでもあり、これによって進歩がもたらされ、革新的なリーダーシップが生まれていくのです。

私とメアリーが克服し、達成したものを振り返るとき、驚きと感謝の気持ちでいっぱいになります。これは信頼と献身示してくれた皆さんの偉業であることは論を待ちません。ヤング・リヴィングはこれからも皆様と共に成長をつづけます。神様の加護と導きがあるかぎり、失敗はすることはあり得ません。

 

2017年を迎え、私たちの未来は今までにない美しい輝きを見せています。

新年を迎えるにあたり、私と妻のメアリー、そして、息子のジェイコブとジョゼフから、皆さんへ感謝と祈りを捧げます。これからもヤング・リヴィングのメッセージを多くの人々にお伝えいただけることに、心から感謝と御礼を申し上げます。

 

創始者兼会長
ゲリー・ヤング

 

追伸:私が毎日使っているオイルとサプリメントを以下に列挙します。

フランキンセンス、ヘリクリサム、ノーザンライトブラックスプルース、アイダホバサムファー、ヤングシーブス、ダイガイズ、ラベンダー、サイプレス、シスタス、リーダム、アールシー、ユーカリ ブルー、ドラドアズール、ツガ、クールアズール、パナウェイ、ストレスアウェイ、ハイエスト ポテンシャル、シュートラン、ドリームキャッチャー、フォーギブネス、アクセプタンス、ジョイ、アロマライフ、アロマシーズ、エッセンシャルザイム、エッセンシャルザイム-4、デトックスザイム、ジュバトーン、ジュバパワー、マルチグリーン、アルカライム、メガカル、マインドワイズ、スリープエッセンス、クールアズールペインリリーフクリーム、ニンシアレッド、ニンシアナイトロ、プロステートヘルス、コンフォトーン、ピュアプロテインコンプリート、スリークシェイク、ライフ9、インナーD-フェンス、ダイジェストクレンズ。

 

 

 

※本ブログのコメント欄はコミュニティースペースとしてぜひご活用ください。
ご質問やお問い合わせはヤング・リヴィング(0570-056-054)までご連絡をお待ちしております。

シェア

コメントなし

コメント欄

* コメントは承認制のためすぐにコメント欄に表示されない場合があります。また、ヤング・リヴィングのコンプライアンス遵守の観点から、いただきましたコメントを編集・削除する場合があります。ご了承ください。ヤング・リヴィングのブログを快適にご利用いただくために、ヤング・リヴィングの規定および法令を遵守していただきますようお願い申し上げます。