まごころ便り 黄木悠のアロマルーティン vol.6

1 2020-01-17 - お知らせ

2020年、ヤング・リヴィング・ジャパンは新たなステージへ

 

日本支社に今年もメアリーからグリーティングカードが届きました。

カードによせられたメッセージと写真からもジェイコブ、ジョセフ、子供たちの成長が見て取れます。ゲリー亡きあと、メアリーを支え、共に歩んでいる二人の姿は、とても頼もしくも感じられます。

少し前になりますが、昨年の8月に長男ジェイコブがFacebookから発信したメッセージの一部を、みなさんにシェアしたいと思います。すでに、この動画をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、ここではジェイコブが父親ゲリーとの想い出や、ゲリーから得た教訓などについて語っています。今回は、その中でも特に印象深い「ゲリーの言葉」をご紹介します。どれも名言だと思います。なお、今回こちらでお伝えする言葉(以下の文章)は、ジェイコブのメッセージ(英語)をあるヤング・リヴィング・ジャパンの会員の方が和訳されたものです。この度は、こちらの会員の方にご快諾いただだけましたので、その一部をご紹介したいと思います。

 

ゲリー・ヤングの言葉

  • 誠実であること、努力すること、一生懸命に働くこと
  • 心も身体も強く、自分に対しても強くあれば、大切な人、愛する人を守ることができる。そして人々に安らぎを与えることができる
  • 苦しいくらい、やらなかったら、やったとは言えない
  • “痛い”ということは“生きている”ということ
  • 人間が過去に何をしたかは関係ない。みな、一人ひとり存在しているだけで価値がある。(神が存在させているのだから)誰にでも次の新たなチャンスがあって良いはず
  • どんなにひどい転び方をしても、立ち上がって挨をはらって、また馬に乗りなさい
  • 時間をかけて、自らを捧げ、集中して頑張れば不可能なんてなくなる
  • 恐れを感じても、とにかくやってみる。やってみたら恐れなんて消えるから
  • やりたくないことでも、今、諦めてやめてしまったら、これから先の人生で起きることも、同じように諦めるようになってしまう。だから自分に出来ることは何でもやり続ける
  • 人生を楽しむ

 

心に響きます。
新年を迎え、これからの自身の信条として日々の行いに活かしていきたいと思います。

 

ヤング・リヴィング・ジャパンは2020年を「REBORNの年」と位置付け、新たな決意をもってスタートいたします。ゲリーからの教訓を胸に、誠実に、そして失敗を恐れずに挑戦を続けてまいります。

新生ヤング・リヴィング・ジャパンにどうぞご期待ください。

 

※本ブログのコメント欄はコミュニティースペースとしてぜひご活用ください。ご質問やお問い合わせはヤング・リヴィング(0570-056-054)までご連絡をお待ちしております。If you have any questions, please don’t hesitate to get in touch. Tel:0570-056-054 

シェア