コンプラ知恵袋 「店頭販売」

1 2019-10-11 - コンプラ知恵袋

店頭販売(ネットオークションなど) 

ヤング・リヴィングはゲリー・ヤングが丹精をこめて開発したエッセンシャルオイルの優れた品質と特徴を多くの方にお伝えすることを使命としています。また、製品の特長を人から人直接お伝えすることを基本することによって消費者に製品の良さを十分に理解していただけると考え、ヤング・リヴィングすべての海外市場において会員がネットオークション店頭で販売することを禁止しています。 

今月は、店頭販売に関する規約について、その背景と内容をご説明します。 

 

1.店頭販売とは 

不特定多数のお客様を対象に店舗、展示会、ネットオークション、ネットショップ、チラシなどを利用して製品を販売することは店頭販売に該当します。店頭販売は消費者が自分の意思で自由に購入を決められるところが良い点ですが、一方、製品に関するお得な情報を得ることが難しいところが欠点となります。 

2.店頭販売が禁止される理由 

ヤング・リヴィングが店頭販売を禁止する背景にはいくつか理由があります。 

 (1)情報の伝達が不十分 

お客様が店舗で商品の購入を決めるに要する時間は、いろいろ質問してもせいぜい5~10分程度で、自分が知りたい価格などの情報しか関心がありません(化粧品の場合はもう少し長いかもしれません)。 

ネットで購入するときはもっと短く、掲載されている製品説明を見て購入しますので質問することなく即時注文するケースが大半と思われます。 

ヤング・リヴィングのエッセンシャルオイルには価格に見合った製品価値があります種から育成する有機農場栽培、高度な抽出方法、品質管理、優れた製品特徴、有益な使用方法など情報提供、さらに、会員による製品の質問・疑問の解決アフターフォローのサービスは店頭販売では不可能です。さらに、ヤング・リヴィングの製品を販売し紹介する活動によってコミッションが得られるチャンスがあることを店頭で説明することはまず不可能と思われるからです。 

 

 (2)保管状況が不安 

ヤング・リヴィング製品を注文すると製品は直接保管倉庫からお客様にお届けされます。保管倉庫は温度、湿度、直射日光、清浄な空間など、品質保持必要な最適の環境にコントロールされた場所であり使用期限十分ある製品出荷されています。 

一方、ネット・ショップやネット・オークションなどの店頭販売では出品者製品保管状況は不明でありヤング・リヴィング製品の品質を保証できないケースがあります。 

また、使用済みの化粧品扱いエッセンシャルオイルが出品されることがありますが、薬機法では化粧品は小分けしてはならないと定めていますので使用済み化粧品販売すること法律違反になる恐れがあります。 

ヤング・リヴィングは消費者に製品の品質を保証しますので保管方法に不安のある販売方法は認めていません。 

 

(3)返品ができない 

ヤング・リヴィングはクーリングオフや返品既定定められており、万一、お客様が購入した製品が気に入らなかった場合に返品できるよう制度を整えています。 

しかし、店頭販売で消費者が製品を購入した場合、返品は販売者が定める返品方法に従う必要があり、ヤング・リヴィングのクーリングオフや返品既定適用されず、場合によって返品できないということが起こります消費者保護の観点から返品できない状況は避けなければならないからです。 

 

3.最後に 

ヤング・リヴィングは会員が自分で使ってみて気に入った製品をお客様に紹介することを大切にしています自分で使っていない製品であっても会社や会員からの情報によって製品の良さを知ることができますので自信をもってお客様に製品を勧めることができます。そして、対面のコミュニケーションによって製品をお伝えするとき、お客様のニーズや欲しいものを把握することができ、お客様に満足していただける製品を提供することができます。 

ネットオークションなど、店頭販売はヤング・リヴィングの製品価値をお客様にお伝えすることができないことをご理解いただけたと思います。 

 

※本ブログのコメント欄はコミュニティースペースとしてぜひご活用ください。ご質問やお問い合わせはヤング・リヴィング(0570-056-054)までご連絡をお待ちしております。If you have any questions, please don’t hesitate to get in touch. Tel:0570-056-054

シェア