「リビルディングネパール」レポート_名取仁美さん

3 2017-12-04 - YL基金

国境や文化を超えた思いやりの心

ヤング・リヴィングの創設者D.ゲリー・ヤングによって設立されたヤング・リヴィング基金では、政府、自治体、地域から十分な支援を受けられない地域に暮らす人々の自立に向けた活動に力を注いでいます。
ネパール地震で大きな被害を受けた被災地の復興支援活動に従事するヤング・リヴィング基金の取り組み、「リビルディングネパール」に参加された名取仁美さんの体験談を通じて、皆さまにネパールの現況、そして現地に根付いた基金の活動をお伝えいたします。

 

今年10月、ご自身のマッサージサロンを約2週間休業し、「リビルディングネパール」へ参加された名取さん。基金の活動をご自身の目で足で体験し、その現状を多くのヤング・リヴィング製品愛用者の皆さまへお伝えしたいとの想いから、不便な環境であることを承知の上で参加を決意されました。

長時間かけて到着したカトマンズのトリブバン国際空港からジープに乗り換えて約8時間、ガードレールのない崖の続く道なき道をひたすら走り、これまでに経験したことのない長時間の緊張が続くドライブを経て、高度約2,000mの高地にあるヤーサ村へと辿り着きました。何もない素朴な村の様子に、スーツケースを持っている自分に違和感を感じたと名取さん。実際に住む家を失った村人達が花の首飾りと笑顔で歓迎してくれる様子に、嬉しい気持ちはもちろんのこと、自分たちがここへ来た目的、そして住まいを失った村人が大勢いる現状を改めて実感しました。

 

参加者はスタッフを含め20名程度。困っている人を寄付以外の形でも支えたい、また寄付金が実際どのように使われているかを自身の目で確かめたいといった想いが原動力となり、2回、3回と参加されている方もいらっしゃいました。目的を同じくした参加者同士は直ぐに打ち解けて、まるで一つのチームのようなあたたかさと団結力がありました。

 

翌日から、地震で倒壊した村人達の家を再建する作業に取り掛かります。一軒の家に必要なレンガは約3,000個。一つ7kgのレンガをきれいにし、朝8時から夕方5時まで積み上げる重労働が8日間続きます。慣れるまでは本当に大変でしたが、メンバーはニンシアレッドやインナーディフェンスを持ち寄って乗り切りました。最高齢は63歳、連日の作業で名取さんご自身もかなり筋肉が付いたとおっしゃっていました^^。ヤング・リヴィングでは、レンガを作る什器を持ち込んで継続的な支援に備えています。

 

日が経つに連れてチームワークが格段に良くなりスピードアップ! 国や文化の垣根を超え、それぞれが得意な分野を生かしながら、一人ではできないことでも思いやりと団結力を持って成し遂げられることを毎日痛感していました。その結果、予定を上回る6軒以上の家が建ち、被災者の笑顔に達成感とこの活動の素晴らしさを感じました。

作業が続く中でも半日のお休みを利用して現地のお祭りに参加する等、ネパールの人々と多くの交流をはかることができました。また、現地の子供たちへ寄付するために50個のカバンを持参し現地の幼稚園を訪れた際、子供達はサイズや柄の好き嫌いを言うでもなく、ただ純粋に鞄をもらえたことに感謝し、喜びを隠せない様子で笑顔を浮かべていたことがとても印象に残っているとおっしゃっていました。

名取さんに今回の体験を表す文字を訪ねると「感動と感謝」という言葉が返ってきました。家を建てる経験はとても鮮烈な体験であり、同じマインドの参加者と過ごす日々はかけがえのない時間でしたとも話します。最終日はとても名残惜しく、もう少しここに残って作業を手伝いたいという気持ちであふれていたそうです。

また、継続した支援の必要性をひしひしと感じた今回の経験を通じて、現地で今必要とされているものをしっかりと把握し、着実に届けるヤング・リヴィング基金を立ち上げたゲリーとメアリーの熱意に改めて感銘を受けたと話されていました。普段使う製品はもちろんものこと、それを作る会社の理念を肌で感じられたことが、この旅から得られた大きな収穫の1つであることに間違いないでしょう。大変貴重な経験をご共有いただいた名取さん、本当にありがとうございました!

 

 ヤング・リヴィング基金の活動の詳細、寄付に関する情報はヤング・リヴィング基金のホームページ https://younglivingfoundation.org/をご覧ください。

 

 

※本ブログのコメント欄はコミュニティースペースとしてぜひご活用ください。ご質問やお問い合わせはヤング・リヴィング(0570-056-054)までご連絡をお待ちしております。If you have any questions, please don’t hesitate to get in touch. Tel:0570-056-054

シェア

コメントなし

コメント欄

* コメントは承認制のためすぐにコメント欄に表示されない場合があります。また、ヤング・リヴィングのコンプライアンス遵守の観点から、いただきましたコメントを編集・削除する場合があります。ご了承ください。ヤング・リヴィングのブログを快適にご利用いただくために、ヤング・リヴィングの規定および法令を遵守していただきますようお願い申し上げます。